1993年にカリフォルニアで誕生したMOUNTAIN HARDWEAR(マウンテンハードウェア)。アルピニスト向けからタウンユースまで様々なエクイップメントを発信し、人気を博している。


今回紹介する新作は、カーボネートコーティングをボディ全体に施したバックパックだ。カーボネートは加水分解が起こりにくいのが特徴で、撥水性も持続するため、長く使用できる作りとなっている。



(左) Camp 4™ Backpack  21L   ¥22000、28L   ¥25300  /  (右) Tuolumne™ Backpack 35L   ¥28600


また、自立するフラットなボトム形状とし、荷物の出し入れがしやすいのもポイント。トップにはクライミングバッグのように、二つの持ち手が備えられているのもユニークだ。


もちろん、内部には、細かなポケットが充実していて小物の収納・出し入れがスムーズ。ノートPC用のスリーブも備えているのでデイリーユースにももってこい!


ジップポケットやペンスロット付きのメッシュポケットなどを配置。トリコットポケットは起毛素材なので、スマホやサングラスの収納にぴったり!(写真はCamp 4™ Backpack)

ラインナップは、ファスナー開閉式の「Camp 4™ Backpack」が21Lサイズ(750g)、28Lサイズ(860g)、メインコンパートメントの間口をストラップで絞る「Tuolumne™  Backpack」が35Lサイズ(1070g)を展開。


ほかに、ダッフル&バックパックの2WAYタイプ(Camp 4™ Duffel/¥25300~)も2サイズ用意されている。


バックパネルなどには2層のフォームパッドと通気性のあるストレッチウーブン素材を採用して背負い心地は快適!(写真はTuolumne™ Backpack)

デイバッグとしての利便性を高いレベルで実現したマウンテンハードウェアの新作は要注目!


また、マウンテンハードウェアのバッグといえば、バックパックとしても使用可能なオッシュマンズ別注のダッフルバック「BANDWITH 25」もお見逃しなく。




(問)コロンビアスポーツウェアジャパン tel:0120-193-803 http://www.mountainhardwear.jp/special/backyard/