筋トレで超回復をおこすためには筋肉痛が必須…ではありません。むしろ、筋トレで筋肉痛が出るほど追い込むのは大間違い。超回復は筋肉痛なしでもおこるだけでなく、筋肉痛は靭帯や軟骨の損傷によってもおきるからです。筋トレの筋肉痛について、詳しく見ていきましょう。


筋トレで筋肉痛が出るほど追い込むのは大間違い


筋トレは筋肉痛がなくても超回復


筋トレは筋肉痛で体が動かないほど追い込まないと、効いた気がしないという人は多いはず。しかし、あまりがんばりすぎると体に想定外のダメージが蓄積する可能性があるのです。


たしかに超回復は、筋肉に負荷をかけることで筋繊維が損傷させ、以前より太くなって再生する現象を利用します。とはいえ、超回復に必ず筋肉痛が必要というわけではありません。正しいフォームで筋トレすれば、筋肉痛がなくても超回復はおこるのです。


一方で、痛みは体のSOSであることは紛れもない事実。筋肉痛も例外ではありません。じつは筋肉痛とひと口にいいますが、筋肉だけでなく靭帯や軟骨など周囲の組織にもダメージが加わっているのです。


筋トレで筋肉痛が出ないように注意


靭帯は関節をサポーターのようにつなぎ止めて、安定性を高める役割があります。また、軟骨は関節のスムーズな動きを可能にしているのです。


筋肉は新陳代謝が活発なので損傷があっても超回復するのが早いもの。しかし靭帯や軟骨は新陳代謝がそれほど活発ではありません。一度痛めると、なかなか回復しないのです。


しかも、靭帯や軟骨の損傷は年齢を重ねるごとに回復しなくくなります。30代や40代になってトレーニングを始めるという人はとくに、筋トレで筋肉痛が出ないようにフォームや負荷に気をつけなければならないのでした。


■「筋トレ」おすすめ記事

ぽっこりお腹の原因「内臓下垂」を解消する筋トレ

細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!

自宅の風呂で筋トレ!たった1分半の腹筋メニュー

下腹部の筋トレは行列に並びながらでもできる!?

1日5回!腹斜筋の筋トレでお腹をへこませる


■「筋肉痛」おすすめ記事

「ヒートショックプロテイン入浴」で筋肉痛を防ぐ

筋肉痛のあり・なしは筋トレ効果とは無関係

筋肉痛は超回復のチャンス!でも過労には注意

激しい運動をしても幼児は筋肉痛にはならない

超回復の嘘!筋肉痛がなくても筋肥大は望める


【関連リンク】

自宅の風呂で筋トレ!たった1分半の腹筋メニュー

インナーマッスルの鍛え方なら女子も手軽にできる

相撲のシコ踏みは腸腰筋の鍛え方に最適だった

腹筋の正しい鍛え方には「腹式呼吸」が大切だった

腹筋を毎日鍛えられる1回たった30秒のやり方?


情報提供元 : インナーマッスル
記事名:「 筋トレで筋肉痛が出るほど追い込むのは大間違い