「あり得る」という言葉は「ありえる」「ありうる」どちらの読み方でも聞いたことがあると思います。

そのため、どちらが正しい? と聞かれたら、すぐに答えることは難しいのではないでしょうか?

日常的に使う言葉でもあるので、これを機に理解してもいいかもしれません。

 

■そもそも「あり得る」の意味とは

「あり得る」には以下の意味があります。

1 起こる可能性がある。当然考えられる。

2 世の中にあることができる。生きていくことができる。

引用元:goo辞書

 

■本来の読み方は?

本来、正しい読み方は「ありうる」です。

文語で「ありえる」口語で「ありうる」と使い分けるのも混乱してしまいそうなので、「ありうる」で覚えておくとよいかもしれませんね。

▶ デート中、ヤンキーに注意し出した妻 心配になり「危険なのでやめて」と言うと…その後の展開に反響の声
▶ かくれんぼをしていたら、近所の男の子が参加。探しても一向に見つからないと思っていたら…その正体を知って絶句。
▶ 「まず元が違うでしょ」初めての美容院で「店員さんみたいに」と頼んだら否定された少年…その後の展開にギャップ萌えが止まらない!!

情報提供元:citrus
記事名:「「あり得る」の読み方って、ありえる? ありうる?