イオン導入美顔器で肌の水分量をアップ
2020年8月19日(水)、株式会社I-ne(アイエヌイー)は、同社が展開する美容家電ブランド『SALONIA(サロニア)』から、美顔器「SMART MOISTURE DEVICE(スマートモイスチャーデバイス)」を発売する。

この度発売される製品は、同ブランド初のフェイスアイテムで、スキンケアをシンプルにしてくれるイオン導入美顔器だ。

温熱ケアと1秒に300万回の超音波振動
使い方は、美容液を左右の頬、おでこ、顎に置き、電源をONにした同製品を肌に軽く押し当てたり、離したりを繰り返して、美容液を肌になじませていくだけ。

同製品は、1秒に300万回の超音波振動によって肌を刺激。イオンの力で保湿成分を肌に浸透させていき、肌の水分量をアップさせる。さらに、38度という温熱ケアにより、まるでマッサージをしているかのように心地よく肌を温めながらほぐしてくれる。

その結果、この美顔器で肌をケアする前と後を比べると、肌の角質水分量が177%も上がる。

同製品は、3分間のスキンケアタイムが終わると自動的に電源がOFFになる。この手軽さも魅力の一つだ。

(画像はサロニアの公式サイトより)


【参考】
※サロニアの公式サイト
https://salonia.jp/product/face/deviceserum/device.php

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「たった3分のスキンケアでハリと弾力のあるうるおい肌へ