【ニューヨーク時事】東日本大震災から10年を迎えるのを前にニューヨーク在住の日本人主催でオンラインの追悼式典が6日、開かれ、黙とうをささげた。在ニューヨーク総領事館の山野内勘二総領事は「3月11日の悲劇を決して風化させてはならない。しっかりと後世に伝えていかなければならない」と強調した。  式典は2012年以降、ニューヨーク市内の教会で開催され、主催者によると、延べ4160人が参加してきた。新型コロナウイルス感染拡大を受け、昨年は中止となり、今年はオンライン開催となった。  岩手県釜石市の旅館、宝来館のおかみ、岩崎昭子さんがメッセージを寄せ「3月11日という日を大切な人を思う日にしたい」と語った。今年に延期された東京五輪・パラリンピックにも触れ「今耐えて、明るい笑顔で皆さんに会えることを信じている。日本で待っている」と呼び掛けた。 【時事通信社】

情報提供元:時事通信社
記事名:「「悲劇風化させない」=震災10年、NYからも追悼