yahoo

宇都宮のおすすめ観光スポット14選!グルメから今話題の写真映えスポットまで!

2022.10.27 09:00
YOKKA
グルメ
コメントする
都内からアクセス抜群で、餃子の街として有名な「宇都宮」。
今回は、グルメはもちろん、今話題のフォトジェニックなスポットから自然のアクティビティまでご紹介!最高の思い出を作るためのおすすめモデルコースもご提案します。
Photo by Adobe Stock

宇都宮の定番観光スポット

初めての宇都宮旅行で欠かせない3つの定番スポットをご紹介します。

宇都宮城址公園

Photo by Adobe Stock
宇都宮城址公園」は、関東七名城のひとつとして名高い「宇都宮城」を再現して平成19年に完成した公園です。宇都宮城は、平安時代に築かれ、かつては将軍の宿泊所としても使われていました。1868年に起こった戊辰戦争によって建物のほとんどが焼けてしまいましたが、140年ぶりに「清明台」、「富士見櫓(ふじみやぐら)」、「土堀」、「土塁(どるい)」、「堀」が復元されました。
公園内には、宇都宮の歴史について学べる展示や、宇都宮城を紹介した「宇都宮城ものしり館」などの展示室も充実しています。
また、 桜や梅のお花見スポットとしても有名です。4種類の桜が植えられ、2月下旬からは早咲きの「河津桜」が咲きはじめ、3月からは「しだれ桜」や「ソメイヨシノ」「大山桜」などが園内を彩ります。
河津桜が満開の頃には、例年「宇都宮城桜まつり」が開催され、屋台ブースが立ち並び、ステージイベントが行われます。

■宇都宮城址公園

  • 公式ホームページ
  • 宇都宮 二荒山神社

    Photo by Adobe Stock
    宇都宮駅から徒歩圏内にある「宇都宮 二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)」は、平安時代から1000年以上もの間、人々から愛されてきた由緒ある神社です。かつては「下野国一之宮」と呼ばれていたため、訛りによって、のちに宇都宮と呼ばれるようになったと言われています。
    大通りに面した大鳥居をくぐり、社殿に向かう途中には95段の石段があります。神社の裏手にある二荒山駐車場を利用して、石段を歩かずに参拝も可能です。
    境内は街の中心地にいることを忘れるほど、自然に囲まれ、マイナスイオンを感じる空間が広がっています。拝殿や本殿は落ち着きのある佇まいが特徴的。趣にあふれる回廊や、12の末社も見逃せません。
    御朱印は、通常のデザインのものや、恵比寿さまの姿絵が描かれた御朱印がセットになったものもあります。神社オリジナルの御朱印帳は、手帳のような可愛らしいデザインが魅力。

    ■宇都宮 二荒山神社

    カトリック松が峰教会

    Photo by Adobe Stock
    宇都宮中心部に位置する「カトリック松が峰教会」は、昭和7年に完成し、創立から100年以上の歴史がある教会です。外観の美しさから、街のシンボルとしても観光スポットとしても人気があります。
    中世の雰囲気と近代のロマネスク洋式が融合された建物は、見ごたえが抜群。
    国指定の登録有形文化財にも指定された建物だけあり、荘厳な雰囲気を感じます。
    聖堂は、スイス人の建築家であるマックス・ヒンデル氏によって設計され、壁には大谷石(おおや)が用いられています。まるで芸術作品のようなこだわりを感じる建築が魅力です。聖堂内にはドイツで設計された巨大なパイプオルガンもあり、ミサの日には美しい音色を奏でます。
    現在は内部を見学することはできませんが、日没後には教会がライトアップされることもあり、幻想的な景色を楽しめます。

    ■カトリック松が峰教会

    宇都宮で自然を楽しめるスポット

    自然散策やアクティビティが体験できる3つのおすすめスポットをご紹介します。

    若竹の杜 若山農場

    Photo by Adobe Stock
    宇都宮市北部にたたずむ「若竹の杜 若山農場」は、24ヘクタールもの土地に竹林が広がり、フォトジェニックな風景が魅力の施設です。景色を眺めながらのんびり散策したり、ハンモックを張って竹林のもとで寝転んだりと、楽しみ方がたくさんあります。
    時期によってはタケノコ堀りやブルーベリー、栗の収穫体験ができます。また、11月中旬〜2月下旬にかけて、冬季限定のライトアップ企画を開催。園内は優しい光に包まれ、ロマンチックな雰囲気の中、竹林を堪能できます。
    さらに注目したいのは、 「ハンモックテント」での野宿体験
    です。ハンモックテントとは、テントを竹に吊りかけ、浮遊した状態で泊まる、新感覚のキャンプのことを指します。 広大な竹林の中で、笹の音に癒されながら過ごす夜は格別。非日常を味わいたい人にもおすすめです。

    ■若竹の杜 若山農場

  • 公式ホームページ
  • 八幡山公園

    Photo by Adobe Stock
    市内中心部にある自然豊かな「八幡山公園」は、宇都宮を代表する観光スポットの一つです。広々とした公園には、約800本の桜や、約5,000本のツツジが植えられており、お花見の名所としても人気があります。市の天然記念物に指定された、樹齢約300年の巨大なクスノキも見所です。
    公園内のシンボルといえば「宇都宮タワー」。 タワー内にある高さ約30メートルの展望台からは、宇都宮の街並みをはじめ、晴れた日には日光、那須の山々から富士山まで見渡すこともできます。
    また、さまざまな遊具を取り揃えた「アドベンチャーU」には、3歳から楽しめるゴーカートや、日本でも有数の長さを誇るすべり台、カラフルな吊り橋「アドベンチャーブリッジ」など、子供と一緒に楽しめる施設も充実しています。

    ■八幡山公園

  • 公式ホームページ
  • 宇都宮市森林公園

    宇都宮北部に位置し、山々に囲まれた自然いっぱいの「宇都宮市森林公園」は、遊歩道や芝生広場などが設置され、アウトドアを満喫できるスポットです。園内にはサイクリングコースがあり、幼児から大人用、マウンテンバイク、クロスバイクまでさまざまな自転車をレンタルできます。
    敷地内にあるレストラン「宇都宮ブリッツエン」では、古賀志町の粉を使用した蕎麦や、変わり種の餃子、ラーメンやカレーなど豊富なメニューをそろえています。また、バーベキュー施設もあり、鉄板や好きな食材、食器を持参すれば、無料で利用可能です。
    本格的にアウトドアを楽しみたい方には、「古賀志山」へのトレッキングがおすすめです。
    標高約582メートルの低山ですが、岩場が多いことから中級者向けのコースで、ロッククライミングスポットでもあります。 山頂近くの「東稜見晴台」は、宇都宮市街を一望できる人気のビュースポットです。

    ■宇都宮市森林公園

    宇都宮のグルメスポット

    宇都宮には、餃子以外にも地元の「宮っこ」が愛するB級グルメや女性に人気のカフェなど美味しいお店がたくさんあります。そこで、宇都宮のおすすめグルメスポットを厳選してご紹介。

    宇都宮みんみん 本店

    餃子の街として有名な宇都宮で、昭和33年の創業時から愛され続けているお店が「宇都宮みんみん」です。宇都宮を中心に店舗を多く構え、本店は観光にも便利な馬場通りにあります。どの店舗も長い行列ができる餃子専門店です。
    餃子の種類は、定番の「ヤキ(焼餃子)」、スープも美味しいと評判の「スイ(水餃子)」、皮がサクサクの「アゲ(揚げ餃子)」の3種類。
    白菜などの野菜をたっぷり使用し、ニンニクの匂いも強すぎないため、あっさりとパクパクと食べられます。一つの餃子は120gと小ぶりなので、味比べするのがおすすめです。
    濃いめの地ビールもあり、餃子との相性には定評があります。
    本店を含む直営店舗では、冷凍の「生餃子」をはじめ、「焼餃子」と「水餃子」をテイクアウト可能です。

    ■宇都宮みんみん 本店

  • 公式ホームページ
  • やきそば石田屋

    餃子以外にも美味しいグルメが多い宇都宮。地元ならではの料理を食べるなら「宇都宮焼きそば」がイチオシです。宇都宮焼きそばは、麺が太めで、自分でソースを足して調整するスタイル。
    数ある焼きそば屋さんの中で特に有名なのが、宇都宮焼きそばの元祖であり、昭和27年創業の「やきそば石田屋」です。のれんがかかった入り口から、昭和レトロな雰囲気が感じられる店内も魅力です。
    こだわりのオリジナルソースは、フルーティーな甘みがあり、具材と絡めて食べるとよりいっそう美味しさが増します。そのソースの旨みにハマる人も多いのだとか。
    最初は薄味なので、好きなだけ「追いソース」をして自分好みの味に仕上げます。
    お店きっての人気メニューは、お肉やハム、野菜、玉子が入った具沢山の「特製ミックス」です。ボリュームたっぷりでたった700円。テイクアウトも可能なので、家族へのお土産にもぴったりです。

    ■やきそば石田屋

    茶果 TEA ROOM

    餃子のイメージが強い宇都宮には、女子旅におすすめのおしゃれなカフェも点在しています。オリオン通りにある「茶果 TEA ROOM」は、フルーツサンドと選りすぐりの茶葉を使用したオーガニックティーをいただけるカフェです。
    大きなイチゴやバナナ、イチジク、シャインマスカットなど、季節のフルーツがぎっしり詰まったフルーツサンドは、写真映えすること間違いなし。
    11時〜14時まではランチセットもあり、ハンバーグや野菜たっぷりの期間限定のメニューや、色とりどりのサンドウィッチなど食事メニューも充実しています。
    木のぬくもりがあり、ナチュラルなインテリアの店内は、居心地も抜群。商品はテイクアウトでき、ハーフサイズのフルーツサンドが詰まったお土産用のボックスも販売されています。

    ■茶果 TEA ROOM

    家族で楽しめるスポット

    小さなお子様から大人まで楽しめるファミリーに人気の観光スポットをご紹介します。

    とちのきファミリーランド

    Photo by Adobe Stock
    栃木県総合運動公園内にある「とちのきファミリーランド」は、小さな子供連れのファミリーにおすすめの遊園地です。 入園は無料で、アトラクションの料金も最高でも500円とリーズナブルなので、たくさん遊んでもお財布に優しいのが嬉しいですね。
    定番の「メリーゴーランド」からスリリングな「ジェットコースター」、「サイクルモノレール」などの昔ながらのアトラクションまでそろっています。懐かしい雰囲気を感じる園内で、大人も童心に帰って遊ぶことができるでしょう。カラフルな「大観覧車」からは、天気がいい日には光連山や筑波山をすっきりと眺められます。
    池の近くにある売店には、麺類やカレーライスなどの食事をはじめ、アメリカンドッグやたこ焼き、アイスクリームなど、軽食にぴったりのメニューが豊富です。キッズ用の鉄道グッズや文房具も多数販売されています。

    ■とちのきファミリーランド

  • 公式ホームページ
  • 宇都宮動物園

    Photo by Adobe Stock
    宇都宮北西部にある「宇都宮動物園」は、子供たちと動物との触れ合いを大切にしたテーマパークです。動物を見て触って感じることで、動物との付き合い方を遊びながら学べます。
    園内には、トラやライオンなどの猛獣類から、可愛らしいカピバラやミーアキャットなど、約90種もの動物が飼育されています。 羊やウサギ、ヤギと触れ合えるエリアは子供たちに大人気です。ゾウやキリンにエサやり体験もできます。
    また、 小さな子供向けのアトラクションが豊富な遊園地も併設されています。
    ところどころにお弁当スペースがあり、ピクニック気分でのんびり休憩するのに最適です。春は桜のもとでお花見を楽しんだり、夏はプールで泳いだりと、季節ごとに色々な遊び方ができます。

    ■宇都宮動物園

  • 公式ホームページ
  • 道の駅うつのみやろまんちっく村

    「道の駅うつのみやろまんちっく村」は、子供が楽しめる体験型施設が豊富にあり、ファミリーに人気のスポットです。東京ドーム10個分もの広さがある敷地内には、「森のエリア」「集落のエリア」「里山のエリア」に分かれ、天然温泉を完備したスパ施設からガラス張りの温室、レストラン、ドッグランなどがあります。
    注目したいのは里山エリアにある 「ろまんちっくふぁーむ」での農業体験
    です。
    イチゴ摘みやネギの収穫、稲刈りなど季節ごとに違った体験ができます。 のどかな風景に包まれながら、自然と触れ合い学ぶ体験は、子供だけではなく大人にとっても貴重な思い出となるでしょう。
    開放的なレストラン「麦の楽園」では、新鮮な食材を使った定食からキッズ用のメニュー、おつまみなどをいただけます。施設内にあるブルワリーで造られたビールもおすすめです。その他にも、施設内にはフードコートもあり、気軽に食べ歩きできるスナックやソフトクリームも販売されています。

    ■道の駅うつのみやろまんちっく村

  • 公式ホームページ
  • 雨の日でも楽しめるスポット

    雨の日におすすめな室内の観光スポットをご紹介します。

    大谷資料館

    Photo by Adobe Stock
    大正8年から約70年にわたり地下採掘場として使われていた「大谷資料館」。深さ30メートル、広さ約2万平方メートルもの大きな地下空間は、幻想的な雰囲気があり、独特なムードが漂っています。そのため、コンサートや映画、写真撮影などで使われることもしばしばあるそうです。
    手掘りの時代の様子や実際に使われた道具などを見学することもでき、時代とともに移り変わる技術の発展も感じられます。 ライトアップされた採掘場は、フォトスポットとしても人気です。
    館内の平均気温は8度前後と、夏場でもとてもひんやりしているので、防寒対策を忘れないようにしましょう。
    資料館とあわせて立ち寄りたいのが、併設しているカフェ「ROCKSIDE MARKET(ロックサイドマーケット」です。落ち着きのあるおしゃれな空間で、ガレットやコーヒーをいただけます。

    ■大谷資料館

    宇都宮美術館

    宇都宮市北部に位置する「宇都宮美術館」は、広々とした森に囲まれ、自然との調和を大切にした美術館です。国内外の希少な作品を展示しており、定期的に企画展も催されます。
    数多くの有名作品の中で、 一番の目玉は、ベルギーの画家であるルネ・マグリット「大家族」です。
    さらに、明治時代以降の版画も多くあり、フランス人画家による「ビゴー・コレクション」は300点も保存されています。
    美術館内のショップでは、作品に関する商品や期間限定品、オリジナル手ぬぐいなどさまざまな商品を扱っています。緑に包まれたレストランもあり、雨の日でも1日中楽しめる施設です。
    26ヘクタールもの広大な公園「うつのみや文化の森 」も隣接されています。アートとともに自然散策を楽しんだり秋には紅葉を鑑賞したり、忙しない日常から離れてのんびりしたい人におすすめのスポットです。

    ■宇都宮美術館

    宇都宮観光のおすすめモデルコース

    日数や目的に合わせて、宇都宮観光を楽しむための日帰り、1泊2日、2泊3日のモデルコースをご紹介します。

    宇都宮観光の日帰りモデルコース

    Photo by Adobe Stock
    都内からサクッと日帰り旅行をしたい方向けに、宇都宮の定番観光モデルコースをご紹介します。 時間を有効に使うなら、中心部の主要観光スポットを回り、宇都宮グルメを食べ歩くコースがおすすめ。
    JR「東京」駅からJR東北新幹線を利用して、JR「宇都宮」駅までたった50〜55分の道のりです。駅に到着したら、まずは朝ごはんからスタート。餃子の街として有名な宇都宮は、実は本格的なベーカリーがひしめく街。一軒家のような可愛らしいベーカリー「ブーランジュリマルシェ」には、人気の食パンから季節のフルーツを使ったデニッシュまで、目にも美味しいパンが並んでいます。
    お腹を満たした後は、徒歩で観光しに行きましょう。JR「宇都宮」駅前には「餃子像」が立っています。そのまま東武「宇都宮」駅方面に歩くと、「二荒山神社」が見えます。境内を散策しながら参拝したら、焼き餃子の形をした「餃子みくじ」もぜひ記念に引いてみてください。お参りの後は、江戸時代からある「大いちょう」や、建築が美しい「カトリック松が峰教会」を外から見学。
    ランチには、やはり餃子は外せません。どこに行こうか迷ってしまう方は、人気店の味を同時に楽しめる「来らっせ 本店」はいかがでしょう。「宇都宮みんみん」「めんめん」など、5つの有名店が常設されています。その他、日替わり店舗やお土産コーナーも豊富です。
    宇都宮城址公園」でゆったりお散歩しましょう。ちょっと歩き疲れたら、1984年のビルをリノベーションしたカフェ「マツガミネコーヒービルヂング」で、ブレンドコーヒーやケーキをいただきながら、ひと休み。
    宇都宮のメインストリート「オリオン通り」で買い物を楽しんだり食べ歩きしたり、時間を有意義に使って観光を楽しみましょう。
    日が暮れた後は、宇都宮の夜景スポットとして有名な「栃木県庁15階展望ロビー」へ。市街地や富士山を望めるビュースポットです。併設のレストランで景色を見ながらディナーもできます。
    最後は、JR「宇都宮」駅に移動して、駅ビルの「パセオ」にある「とちぎグランマルシェ」でお土産探し。餃子はもちろん、スイーツショップもたくさんあります。

    宇都宮観光の1泊2日モデルコース

    Photo by Adobe Stock
    宇都宮のフォトジェニックなスポットを巡る1泊2日のモデルコースをご紹介します。
    2日目は宇都宮北西部にある「若竹の杜 若山農場」に行ってみましょう。JR「宇都宮」駅西口から関東バス52・56・58系統に乗り、「野沢寺前」で下車後、徒歩10分ほど歩くと到着します。
    幻想的な竹林の中をゆったりと散歩しながら、笹のさらさらとした音に耳を傾ければ、日頃の疲れもリフレッシュされることでしょう。ハンモックに寝転んだり、竹の器で抹茶をいただいたりと、楽しみ方がたくさん。時の流れを忘れてゆるりと過ごしてみてください。
    若山農場から徒歩約10分の「炭火焼干物定食古民家つくし」は、地元でも人気のお店です。古民家風の店内で、焼き魚を中心とした定食や海鮮料理を味わえます。
    ランチの後は、今話題になっている宇都宮の映えスポット「大谷資料館」へ向かいましょう。大谷資料館へは、JR「宇都宮」駅西口からバスで約30分、バス停「資料館入り口」で下車して徒歩約5分で着きます。若山農場から直接で向かう場合は、15分ほどで行けるタクシーが便利です。「大谷資料館」の見どころは、なんといっても巨大な地下空間が広がる採掘場跡。その深さは30メートルにも及び、異次元にいるような世界観が漂っています。
    また、大谷エリアで見逃せないのは、日本最古の石仏として知られる「大谷観音」や、高さ27メートルの巨大な「平和観音」です。平和観音はなんと手彫りで作られているそう。資料館とあわせて訪れてみてください。
    大谷エリアでおしゃれなディナーを楽しみたい方には、ガソリンスタンドをリノベーションした人気イタリアンレストラン「Punto 大谷町食堂」がぴったり。ワインを豊富にそろえ、前菜からデザートまで趣向を凝らした創作料理をいただけます。

    宇都宮観光の2泊3日モデルコース

    Photo by Adobe Stock
    宇都宮でレアな思い出を作る2泊3日のモデルコースをご紹介します。
    1日目は宇都宮中心部、2日目は大谷エリアを堪能。そして最終日の3日目は、大自然の中で爽快なアクティビティを楽しみましょう。
    宇都宮市森林公園」は、赤川ダムを取り囲むように芝生広場やキャンプ場、山々があり、紅葉スポットとしても人気です。ロードレースの舞台としても使われ、季節ごとにアウトドアやヨガイベントなども開催されます。レンタサイクルで公園内を周遊したり、バーベキューしたり、芝生の上を走り回ったり……。子供も大人も夢中になって遊びを満喫。
    さらに、楽しい体験をしたい方には、大空を舞い飛ぶパラグライダー体験がおすすめです。
    https://www.veltra.com/jp/japan/tochigi/utsunomiya/a/118887?sid=1554
    こちらは、高低差300メートルの山からパラグライダーを楽しめるツアーです。ベテランのパイロットと一緒なので、初めての方でも安心して体験できます。 開始時間も午前から午後まで細かく分かれているため、スケジュールに組み込みやすくて便利です。
    最終日の夜ご飯は、変わり種の餃子。JR「宇都宮」駅直結の駅ビル「パセオ」内にある「味噌と餃子の青源 パセオ店」では、味噌だれにつけて食べる「ネギ味噌餃子」や味噌スープベースの水餃子など、新感覚の料理をいただけます。お土産用の餃子もチェック!

    宇都宮の観光スポットMAP

    https://www.google.com/maps/d/embed?mid=10HJv2G0UZwTHePC7TM9Fuub7UG6QzZM&ehbc=2E312F

    本記事で紹介したおすすめツアー

    https://www.veltra.com/jp/japan/tochigi/utsunomiya/a/118887?sid=1554

    個性あふれる宇都宮で、餃子以外も楽しもう!

    餃子の激戦区「宇都宮」は、都内から気軽に行ける距離にあり、食べ歩きにもってこいの観光地です。餃子以外にもおしゃれなカフェやベーカリーも多く、女子旅にも人気。さらに、綺麗な写真が撮れる幻想的なスポットや、大自然を感じながら家族やグループで遊べるスポットも点在しています。
    本記事のおすすめモデルコースを参考にしながら、目的に合わせた楽しい旅をプランニングしてみてくださいね。

    VELTRA

    余暇プランナー
    「心揺さぶる」旅の体験を届けるというミッションのもと、日本国内・海外のツアーやアクティビティの催行会社と共に日々活動を行っています。日本国内や世界各地の旅に関する便利な情報やアイディア、現地からお届けするホットな話題、さらに おうちで体験できるオンラインツアーの情報などをまとめ、発信していきます。次の旅行のヒントとなる情報を探してみてください。
  • 宇都宮のおすすめ観光スポット14選!グルメから今話題の写真映えスポットまで!
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間