サムネイル

画像:時事通信フォト

10日に放送された「スッキリ」(日本テレビ系)。

同番組に出演したコメンテーターのモーリー・ロバートソンさんが、放送中に報じた内容に「誤情報があった」と謝罪しました。

すると、ファンから「初めて見た」と驚きの声が。

ファンが驚いた、モーリーさんの謝罪投稿とは?

モーリー・ロバートソン、ジャーナリストとしての自信を失う…ミス誘発の「スッキリ」台本に驚きの声

10日午前に放送された「スッキリ」(日本テレビ系)。

この日、同番組に出演したコメンテーターのモーリー・ロバートソンさんが、出演終了後に「誤情報があった」としてSNS上で謝罪しました。

今回、番組では新型コロナウィルスの影響で、子育て世代の貧困率が加速している現状を報道しました。

そして、日本の子供の貧困率がOECD(経済開発協力機構)に加盟している37ヵ国のうち12番目に高いこと、先進7ヵ国の中では3番目に高い水準であると資料を掲載したのです。

すると、コメントを求められたモーリーさんは、貧困率が低い加盟国の数字を口に。

「フィンランドなんて0.3%らしいですよ」

モーリーさんが口にしたのは、日本の「13%」という数字よりもはるかに低い数字。

しかしテレビ画面のテロップには、「フィンランド3.5%」とモーリーさんが提示した数字とは異なるものが。

モーリーさんがこの「誤情報」について、出演終了直後にSNSで謝罪、「0.3%」とうの数字が記載されていた台本の一部を公開して、「製作さんと再発防止を話し合います」と書き綴りました。

このモーリーさんの発言に、ファンは大感激。

「だらかモーリーさん好き」

「やりますね。モーリーさん」

などと、謝罪を述べたモーリーさんに称賛の声の他、「台本がわざと誤情報を流すようにしたのかも」と勘繰るコメントも。

しかし、当のモーリーさんはこの一件で自信を喪失。

「『ジャーナリスト』を名乗らない方がいいのかもしれない」と、自身の肩書きに疑問を抱く様子を見せました。

 

モーリー・ロバートソン、意見表明に賛同の声

誤情報に気づけなかったとして、ジャーナリストとしての自信を喪失してしまったモーリー・ロバートソンさん。

しかし、そんなモーリーさんのもとへは激励の声が続々と寄せられていますが、それはモーリーさんが今月2日にSNSに投稿した「意見表明」が影響しているのかと思われます。

モーリーさんのこの投稿は、これまでに30万ほどの「イイネ!」を得ており、多くの人の共感を得ました。

ただ、その矢先に起こってしまった今回の誤情報の流布。

そのことが、モーリーさんの落ち込み具合に拍車をかえることになったのでしょう。

(文:有馬翔平)

情報提供元:Quick Timez
記事名:「モーリー・ロバートソン、ジャーナリストの自信喪失…ミス誘発の『スッキリ』台本に驚きの声