starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

眞栄田郷敦「表現の幅が広がった」自身の描いた絵が映画に登場、半年ほど練習「やってよかった」


映画「ブルーピリオド」渋谷プレミアに出席した眞栄田郷敦

俳優眞栄田郷敦(24)が10日、都内で行われた、映画「ブルーピリオド」(8月9日公開、萩原健太郎監督)渋谷プレミアに出席した。

主人公の高校生、谷口八虎が、1枚の絵に心を奪われ、美大を目指して青春を燃やす受験物語。八虎を演じる眞栄田は「映画の中でも大事なロケ地である渋谷で、皆さんに映画の魅力を伝える機会をいただけて本当にうれしいです」。

作中には眞栄田が実際に描いた絵も登場する。半年ほど絵の練習をしたといい「八虎自身の成長と僕自身を照らし合わせながら、初めて画材を触ったときの感覚だったり…」と回想。「やってきて本当によかったです。自分の中でもある程度引き出しができて、表現の幅が広がりました」と笑顔を見せた。

八虎は高校2年生で芸大受験への挑戦をスタート。眞栄田は撮影を振りかえり「すごく苦しみました」と吐露した。「僕自身も受験苦しかったですし、時間制限のある中で、そこの苦しみや葛藤を必要以上に強く表現したいと思ってました」と明かした。

高橋文哉(23)は八虎の同級生で、女性的な容姿をもつ鮎川龍二(ユカちゃん)を演じた。「自分と役を分けないこと」を意識したといい「ユカちゃんの気持ちを理解して、かわいいということへの魅力を感じて。エステに行ったりかわいくなる努力をしました」と明かした。眞栄田も「ユカちゃんかわいかった~」と頬を緩ませた。

八虎が美術予備校で出会うライバルの高橋世田介を演じた板垣李光人(22)は「ライバルという立ち位置だったので嫌な感じのこと言ったりとかはあったんですけど、僕は原作から世田介が一番好きだった」。美術部の先輩森まる役の桜田ひより(21)は「ヘアや衣装をすごく(原作の)森まるちゃんに寄せていただいて、飛び込むのみだったのでとても楽しかったです」と振りかえった。

「ブルーピリオド」は「マンガ大賞2020」を受賞した山口つばさ氏による同名漫画の実写化。テレビアニメ化や舞台化もされた。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.