starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

「孤独のグルメ」が映画化、松重豊が監督・脚本・主演の全て担当、撮影はパリ


テレビ東京開局60周年特別企画「孤独のグルメ」プロジェクト発表会見に登壇した松重豊(撮影・村上幸将)

松重豊(61)主演のテレビ東京系ドラマ「孤独のグルメ」が劇映画化されることが10日、都内で行われた会見で発表された。松重が監督・脚本・主演の全てを務める映画「劇映画 孤独のグルメ」(25年1月10日公開)を製作。松重は自主映画を製作した経験はあるが、商業映画で監督・脚本を務めるのは初めて。テレビ東京開局60周年特別企画「孤独のグルメ」プロジェクトと題し、多彩なキャストを主人公に迎えた、オムニバス形式ドラマ「それぞれの孤独のグルメ」を制作し、10月4日から放送することも決定した。

松重は「Season10が、大きな節目だろうと考えていた。お客さんが増えてアジアでも認知され…これから、どうする? という時、最初のプロデューサーは偉くなって現場に来なくなり、次のプロデューサーはNetflix、その後も辞め…僕に人望がないのか予算がないのか、スタッフがいなくなって」と経緯を説明。「シーズンを重ねてくださいと言われても、立て直さないと、という課題があった。大風呂敷を広げるなら映画、という話になった」と映画化に至った思いを語った。

撮影現場では、井之頭五郎の格好で「OK」コールをかけるなど監督業も行った。「監督と言っても、現場で五郎がモニタのところにいて確認し『OK』『チェック』と良しあしを決めている」と説明。そして「俳優になる前に映画監督になりたかったと40年ぶりに思い出した。演者を支えていく方がメンタルが安定し、楽しかった。いろいろなところにロケに行き、プロデューサーと予算のやりとりをした。面白い。俳優だけじゃ当事者になりきれない寂しさがあった。最初から最後まで関われたのが、僕の財産」と監督業への思いを語った。

撮影は昨年9、10月に行い、1月にも撮影した。内容については「のど元まで出ている内容はあるが、言えない部分もある。物語として1番、大事なのはラブストーリーは絶対入れたい。大冒険ものにしたい」と説明。「どこで映えるか…エッフェル塔、と言ったら『無理、無理』と言われたけど何とかしてくれた。それがクランクイン…フランスから始まる物語。そこに冒険、恋があれば劇映画としていうことがない」とオリンピックの地・パリでクランクインしたことも明かした。

主演として、監督として「映画として面白いものにした。面白くないと言われたら、この世界にいる資格はない。自信を持って面白いものをお届けできる」と胸を張った。「これだけやったという成果も見届けたい。映画もお客さんが入らず、コケたら五郎をやるのは無理だ」とまで口にした。

ドラマ版も、企画開発から行い、脚本に絡んだ。当初は今年、新シーズンをやらないかと打診があったと言うが「いろいろな職業、年齢、性別の方がおいしい者を食べて、さあ頑張ろうと、いろいろな『職業に焦点当ててやりたい』なと。五郎はでオチのようにそこにいて食べている…そういうコンセプトをやりたいのがあった」と明かした。

「孤独のグルメ」は原作・久住昌之氏、作画・谷口ジロー氏のタッグ 輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎(いのがしら・ごろう)が、営業先で訪れた土地で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいものを独り自由に食す様子を1話完結で淡々と描く。12年1月に松重主演でテレビ東京系連続ドラマとしてシリーズ化。深夜にひっそりと放送がスタートし、23年のSeason10までシリーズを重ねた。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.