starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

黒柳徹子「少なくとも100歳までテレビに出る」 「放送文化基金50周年賞」受賞


「第50回放送文化基金賞」贈呈式に出席した黒柳徹子

黒柳徹子(90)が9日、東京・オークラ東京で、「第50回放送文化基金賞」贈呈式に出席した。

放送文化基金賞は「視聴者に感銘を与えた、優れた放送番組」「放送文化、放送技術の分野での顕著な業績」を対象に表彰。

黒柳は50年に1度となる「放送文化基金50周年賞」を受賞した。

「小1で退学になったのに、こんなすばらしい賞をいただけるなんて、長生きして本当によかった」とし「小1で退学になるような子でも、頑張ればこんな賞をいただけると、声を大にし皆さんに申し上げたい」と話した。

今のテレビついては「もう少しダメになると思ったこともあるけど、そんなことはなくて、志を持っている方はいると思う。そういう方が良い物を作って、それを見て素晴らしいと思うので、みんなが思うほどテレビはダメなっていない」とし「お世辞じゃなく、良い番組がたくさんある」と訴えた。

「NHKに入ったとき、アメリカのプロデューサーが『平和を通してテレビを使う日が必ず来る』と言っていた」と振り返り「私が出て平和になるのなら、テレビに出ようと思ってずっと70年やって来ました」と明かした。「ちょっとあぶなっかしいところもあるけど、もう少しテレビを信頼していいと思う」と力説した。

また、若い制作者に対して、「視聴率は心配しなくていい」とメッセージを送った。「本当に面白いものを作れば、人は見てくれる」とし、「私は視聴率を考えてやっていない。自分がやりたいと思って信じてやっている番組は、視聴率が付いてくると信じてやっています」と語り、「作りたいものを作って、それを見てくれる時代はまだ続くと思う」とした。

最後に「こんな素晴らしい賞をいただき、ますます励みになった」と言うと、「少なくとも100歳まではテレビに出ていようと思います」と宣言。「温かい目で見守ってやってくださいませ」と話すと、会場は大きな拍手に包まれた。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.