starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

13年ぶり来日ジャッキー・チェン、日本語で「お久しぶりです」50周年記念作「ライド・オン」


おかえり、ありがとう、ジャッキー!映画「ライド・オン」集大成舞台あいさつで笑顔で手を振るジャッキー・チェン(撮影・宮地輝)

中国の俳優ジャッキー・チェン(70)が11日、東京・丸の内ピカデリーで行われた主演の中国映画「ライド・オン」(ラリー・ヤン監督)集大成舞台あいさつに登壇した。来日は、約13年ぶりとなる。「皆さん、こんばんは! お久しぶりです。映画見た!?」と日本語であいさつし、観客から「おかえり」とコールを浴びた。ジャッキーは「本当にとってもうれしい」と満面の笑みを浮かべ、右手を振った。

「ライド・オン」は、74年の初主演作「タイガー・プロジェクト/ドラゴンへの道 序章(燃えよジャッキー拳!)」から今年で芸歴50年、70歳を迎えたジャッキー・チェンにとって、集大成とも言える50周年記念作。劇中では、香港映画界伝説のスタントマンと言われたが、ケガで一線を退いたルオ・ジーロンという、自身の分身ともいえる峠を過ぎたベテランスタントマンを演じた。今年4月7日に中国で公開されると、公開2週目で1位、興行収入は1億5000万元(約30億円)を超える大ヒットを記録した。

日本では、5月31日に公開された。この作品での海外プロモーションは実施してこなかったが、日本愛にあふれるジャッキー本人たっての希望で、特別に日本限定のプロモーションが実現。友達(ファン)に会いに行きたい”という有言実行のもと、この日を皮切りに六本木、池袋で、3日間連続の登壇舞台あいさつを実施し、ファンに会える機会を設けた。

◆ジャッキー・チェン 本名陳港生、芸名成龍。1954年4月7日、香港生まれ。中国戯劇学院では仲間にユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポーがいた。京劇や中国武術で鍛えた身体能力を生かし、ブルース・リー主演の72年「ドラゴン怒りの鉄拳」73年「燃えよドラゴン」に脇役で出演。74年「タイガー・プロジェクト/ドラゴンへの道 序章(燃えよジャッキー拳!)」で初主演。78年「スネーキーモンキー蛇拳!」「ドランクモンキー 酔拳」で人気を不動のものとし、79年「クレイジーモンキー笑拳」で監督に進出し、80年「ヤング・マスター」で脚本も手がけた。95年「レッド・ブロンクス」が全米興行収入初登場首位を獲得し、98年の米映画「ラッシュアワー」の大ヒットでハリウッドスターとしての地位を築いた。血液型AB。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.