starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

美空ひばりさん長男のひばりプロ加藤和也社長がNACK5、ニッポン放送の森田健作ラジオ出演


がっちりと握手する加藤和也社長(左)と森田健作

歌手美空ひばりさんの長男で、ひばりプロダクション加藤和也社長(52)が11日、都内でm俳優森田健作(74)がパーソナリティーを務めるNACK5「青春もぎたて、朝一番!」(23日午前6時30分)とニッポン放送特番「青春の勲章はくじけない心」(23日午後7時)の収録に参加した。

“歌謡界の女王”と言われたひばりさんは、1989年(平元)6月24日に52歳で亡くなった。森田は「僕は20歳の時に映画『花の不死鳥』(70年公開)で、ひばりさんの弟を演じました。大スターを相手に緊張したけど、ひばりさんは優しく接してくれました」と振り返った。

和也社長は、ひばりさんが亡くなってからの35年間を「アッという間でした。僕は今年の8月で53歳になって、おふくろが亡くなった時より1歳年上になってしまう。不思議な気持ちですね」と話した。

ひばりさんは生前に「私の歌はいつまで残るんだろう」と話していたという。和也社長は「自分の歌が、どこまで世代を超えられるかをテーマにしていた。35年たっても、おふくろのことをまるで生きているように取り上げて、思い出話をしてくれる人がいる。私には感謝しかない。おふくろも、感謝しているでしょう」。

5月29日には、ひばりさんのラストコンサートを収録したアルバム「歌は我が命 1989 in 小倉~美空ひばりラスト・オン・ステージ~『さよならの向うに』」が復刻リリースされた。和也社長は「若い方も、おふくろのことを知ってくれている。歌手冥利(みょうり)に尽きるということですね。亡くなった当時は寂しくて、もっと長く生きてほしかった。でも、おふくろは52歳の姿のまんまか、それより若い姿が残っている。結局、永遠じゃないかと思うと、うちのおふくろらしいな」と笑顔を見せた。

来年は37回忌を迎える。和也社長は「アルバム企画、あとは新しい技術を使って何か考えなければいけませんね」。東京・青葉台には「美空ひばり記念館」がある。「展示しきれていないものもあるし、2つ、3つとあってもいいんじゃないかとも思うので、そういうことも視野に入れていきたい」と話した。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.