starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

永野芽郁&佐藤健「はたらく細胞」実写映画で6年ぶり共演「キュンとしました」朝ドラ以来


映画「はたらく細胞」制作発表会に出席した武内英樹監督、永野芽郁、佐藤健

映画「はたらく細胞」(武内英樹監督、12月公開)の制作発表会が11日、都内で行われ、俳優の永野芽郁(24)と佐藤健(35)が出演することが発表された。

原作は講談社「月刊少年シリウス」で連載された清水茜氏による人気ファンタジー漫画。とある「人」の体内で年中無休で働いている数十兆個もの細胞を擬人化し、体の仕組みや細胞のはたらきを“バトル”として描く。永野が赤血球、佐藤が白血球を演じる。

マスコミには、永野と佐藤の顔がプリントされた世界最小縦4ミリのマイクロポスターを顕微鏡でのぞき込む形でキャストが発表された。登壇した2人も顕微鏡でのぞき、4ミリ大をのぞき込んだ永野は「すごっ! 私たちの顔って分かる!」と興奮。佐藤も「良いリアクション!」とほほ笑み、ギネス社にも認定予定のサイズのポスターに感激した。

2人は18年のNHK連続テレビ小説「半分、青い」以来約6年ぶりの共演。原作のファンだったという佐藤は「我々の代表作となる」と断言。「楽しみながら理科の勉強ができる。孫に見せたい映画になりました」と自賛した。

細胞のイメージに合わせ、「赤血球」の永野は赤い帽子を被り、髪も赤い。「白血球」の佐藤は肌を白く塗り、白い帽子を身に着けている。撮影を振り返った永野は「初日の日に、感情入れてやるシーンがあったんですけど、横見たら真っ白な人がいる。健さんと6年ぶりにお会いした姿が真っ白だったので、真剣なシーンだったのに笑いが止まらなくなって大変でした」と回顧。佐藤は「光栄ですね」とほほ笑み、真っ赤な帽子を身に着ける永野の赤血球スタイルの衣装には「かわいかったです」とほめちぎった。

外敵から体を守る白血球役の佐藤は、アクションシーンにも挑戦。武内監督は「アクションシーン多くてヒヤヒヤしたけど一生懸命やってくれた。感動しました」、永野も「キレキレに動かれていて。私は赤血球なので白血球さんに守ってもらったりする。全力で守ってくれる姿にキュンとしました」と“パートナー”をねぎらった。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.