starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

レースで追突事故の前澤友作氏 5月にレースチーム設立、11月にレーサー挑戦意向示していた


前澤友作氏(2023年11月撮影)

衣類通販大手ZOZOの創業者で、株式会社カブ&ピース代表取締役社長の前澤友作氏(48)が9日、宮城県村田町のスポーツランドSUGOで行われたカーレース「Ferrari Challenge Japan SUGO」のレース2決勝で追突事故を起こした。

同日夜に更新したX(旧ツイッター)で、「本日、レース中のアクシデントによるブレーキ損傷により、ブレーキが作動せず事故を起こしてしまいました」とブレーキの不具合により、作動しなかったことが事故の原因だったと明らかにした。

前澤氏は、19年に「スーパーカーで子どもたちに夢と希望を届け、日本中を盛り上げること」を目的に、「前澤スーパーカープロジェクト」を立ち上げた。同プロジェクトは、同氏のコレクションをYouTubeチャンネルで紹介し、今年1月には4億7000万円で、英国のスーパーカー「アストンマーティン・ヴァルキリー」を購入したと報告。幼稚園や小学校でのスクールキャラバンを行うなど、スーパーカーを活用したり、さまざまな体験イベントを企画してきた。

23年5月18日には、カーレースチーム「MAEZAWA RACING」設立を発表。チームオーナー兼総監督を務め、同6月から開幕の「2023 Fanatec GT World Challenge Asia Powered by AWS(2023 ファナテックGT ワールドチャレンジ・アジア)」に参戦した。ドライバーには、2022年のファナテックGT ワールドチャレンジ・アジアでチャンピオンを獲得した経験を持つ横溝直輝と、アジアで経験豊富なタイのピッティ・ブロムバクディを迎え、同8月20日に岡山国際サーキットで行われた最終戦で優勝した。

23年11月27日に都内で行われたたドキュメンタリー映画「僕が宇宙に行った理由」(平野陽三監督)公開記念特別展の席上で、自らレーサーに挑戦する意向を示した。「僕も車を走らせて、戦ってみたいと思い始めています。挑戦は尽きない。ちゃんと仕事もしております。サーキットを走っても3Gくらいしかかからない。(宇宙旅行で)8Gを体験しているので大丈夫」と自信を見せた。

そして、今年5月12日にフジスピードウェイで開催された「Ferrari Challenge Japan Fuji」に初参戦。経験の浅いドライバーが対象のコッパ・シェルAMで、いきなり優勝した。今回、Ferrari Challenge Japan SUGOで出場したのは、コッパ・シェルAMなどアマクラスの優勝経験者が参戦できるトロフェオ・ピレリだった。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.