starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

小田和正、初出演の日比谷音楽祭で大トリ「言葉にできない」など3曲披露「今日をとても楽しみに」


「日比谷音楽祭2024」の大トリを務めた小田和正

シンガー・ソングライター小田和正(76)が9日、東京・日比谷公園で行われた「日比谷音楽祭2024」に出演し、大トリを務めた。

日比谷音楽祭は19年にスタートした無料の音楽イベント。今年は8日から2日間で行われ、初出演の小田が大トリを務めた。

大歓声を浴び登場し、スポットライブを浴びながら「言葉にできない」を歌唱。観客は体を揺らしながら静かに聞き入った。

小田は「呼んでくれてどうもありがとうございます。雨も大丈夫だったし…」と感謝し、「どーも」とおなじみのあいさつで会場を沸かせた。音楽祭実行委員長の亀田誠治(60)は「ようやく小田さんとこのステージに立ててめちゃくちゃうれしいです」と笑顔を見せた。

「たしかなこと」と、井上芳雄率いるユニット「日比谷ブロードウェイ」との「ラブ・ストーリーは突然に」も披露。小田は「日比谷ブロードウェイ」のメンバーとステージ上で握手し「この年で急に新しい仲間ができた。今日をとても楽しみにしてました」とほほ笑んだ。豪華3曲を歌い上げ、音楽祭を締めくくった。

小田は昨年、自身が持つアリーナツアー最年長記録を75歳11カ月で更新。振り替え公演を含む9カ所18公演で、計18万人を動員した。

同ステージには石川さゆり、ハラミちゃんらも登場した。

日比谷公園内には複数のステージが設置され、大音楽堂では8日に1回、この日2回のスペシャルライブが行われた。8日にはスピッツ、キタニタツヤらが、この日昼に行われたライブには佐野元春、東京スカパラダイスオーケストラらが出演した。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.