starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

篠原涼子&バカリズム「イップス」第9話3・7%“運のない男”に関わる人々が次々と命を失い…


フジテレビ系「イップス」に出演する左から萩原利久、バカリズム、篠原涼子(C)フジテレビ

篠原涼子(50)とバカリズム(48)がダブル主演を務めるフジテレビ系「イップス」(金曜午後9時)の第9話が7日に放送され、平均世帯視聴率が3・7%(関東地区)だったことが10日、ビデオリサーチの調べで分かった。平均個人視聴率は1・9%。

第1話の平均世帯5・8%、個人3・3%。第2話は平均世帯4・5%、個人2・5%。第3話は平均世帯5・5%、個人3・1%。第4話は平均世帯4・9%、個人2・8%。第5話は平均世帯4・5%、個人2・4%。第6話は平均世帯4・3%、個人2・5%。第7話は平均世帯4・5%、個人2・6%。第8話は平均世帯4・3%、個人2・4%だった。

▼第9話あらすじ

最近マジックにハマった黒羽ミコ(篠原)は、森野徹(バカリズム)に覚えたてのマジックを披露するも失敗。高校時代マジック部の副部長だった森野にブツブツ言われてしまったミコは、森野をギャフンと言わせると誓い、忍者装束の人気動画配信者・マジシャン赤影のチャンネルで勉強を始めることに。

宮永隆一(萩原利久)は“何をやっても運のない男”だった。友人の大城俊(三浦獠太)と起業したものの失敗。現在は建設作業員として働いていたが、闇金から200万円近い金を借りていた。ある日、宮永のアパートに消費者金融業者の佐久間康(ニシダ/ラランド)が取り立てに現れる。宮永は隙をついてアパートから逃げ出すが、佐久間に追い詰められ、建設現場で暴行を受ける。そばに落ちていたレンチを手に取り、無我夢中で振り回す宮永。するとそれが佐久間の頭部に当たり、命を奪ってしまう。我に返った宮永は逃げだそうとするが、道に飛び出すと同時に車にはねられてしまう。

宮永が目を覚ますと、そこは須藤健吾(本多力)の家だった。宮永をはねてしまった須藤は、ケガの手当をするために彼を自宅に運び込んだのだ。須藤は100万円を差し出し謝罪する。とその時、テレビから建設現場で遺体が発見されたとのニュース速報が流れた。宮永が犯人だと気づき、逃げようとする須藤。その拍子に、須藤は足を滑らせてテーブルの角に頭をぶつけて死んでしまう。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.