starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

「花腐し」第33回日プロ大賞で作品賞、監督賞など4冠、主演男優賞は光石研と松山ケンイチ


「花腐し」(C)2023「花腐し」製作委員会

第33回(23年度)日本映画プロフェッショナル大賞の受賞者、作品が31日、発表された。

荒井晴彦監督(77)の「花腐し」が作品賞、監督賞、さとうほなみ(34)の新進女優賞、2023年ベストテンの1位に選ばれ、4冠に輝いた。

主演男優賞は「逃げきれた夢」(二ノ宮隆太郎監督)で12年ぶりに映画に単独主演した光石研(62)と、「ロストケア」(前田哲監督)でプロデューサー的な立場も務めた松山ケンイチ(39)が受賞。主演女優賞は「658km、陽子の旅」(熊切和嘉監督)の菊地凛子(43)が受賞した。その他の賞、ベストテンは以下の通り。

<新人監督賞>

金子由里奈監督(28=「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」)

<特別賞>

「福田村事件」製作チーム

<特別功労賞>

藤竜也(82=「高野豆腐店の春」及び、長年の功労に対して)

<ベストテン>

<1>「花腐し」(荒井晴彦監督)

<2>「福田村事件」(森達也監督)

<3>「ほかげ」(塚本晋也監督)

<4>「愛にイナズマ」(石井裕也監督)

<5>「アンダーカレント」(今泉力哉監督)

<6>「渇水」(高橋正弥監督)

<7>「市子」(戸田彬弘監督)

<8>「PERFECT DAYS」(ヴィム・ヴェンダース監督)

<9>「正欲」(岸善幸監督)

<10>「リバー、流れないでよ」(山口淳太監督)

授賞式は、7月6日に東京・テアトル新宿で開催の予定。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.