starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

吉川晃司&布袋寅泰ガッチリ固い握手!COMPLEX東京ドームライブ「被災地にエールを!」


「日本一心」でパフォーマンスするCOMPLEXの布袋寅泰(左)と吉川晃司(太田好治氏撮影)

歌手吉川晃司(58)とギタリスト布袋寅泰(62)のロックユニット、COMPLEXが16日、東京ドームでチャリティー公演を行った。

今年元日に起きた「令和6年能登半島地震」の支援が目的で、11年の東日本大震災復興支援ライブ以来、約13年ぶりに再結成し、ステージに立った。公演の利益の全てを被災地の復旧・復興のために寄付する。

   ◇   ◇   ◇

公演タイトルは13年前と同じ「日本一心」。「多くの人たちが心を1つにすることができれば、きっと日本は成し遂げられる」の意味で、2人の思いに賛同したファンが前日15日と合わせて約10万人、東京ドームに集まった。

「ウォーー!」。大歓声と割れんばかりの拍手に包まれながら、デビュー曲「BE MY BABY」のサウンドが流れて吉川と布袋が登場。その後、2人はステージ中央でガッチリと固い握手を交わした。

総立ちの5万人が吉川の歌唱に合わせて「<歌詞>ビー マイ ベイベー」と何度もシャウト。曲終わりで吉川がいきなり“代名詞”のシンバルキックを披露すると、会場の熱気はさらにヒートアップした。

吉川は「こうやって集まって力を束ねれば、また奇跡が起こせると信じています。今夜、ともに被災地へエールを!」と呼びかけて「みんな存分に楽しんで~、ヨロシク」。歌唱中には何度も指でハートマークを作ってラブメッセージを発信。妖艶に腰をくねらせながらファンを酔わせ拳を突き上げた。「路地裏のVENUS」などではギターを手にしてダブルギターのサウンドでも沸かせた。

布袋もステージを右に左にと何度も移動して、世界に誇る自慢のギターテクニックを惜しみなく披露。MCでは「会いたかったぜ」と話し「今日は能登半島をはじめとする被災地への復興支援に賛同してくれた5万人の同志たちが日本全国から集まってくれた。ありがとう」と感謝。そして「それぞれはちっぽけな存在かもしれないけれど、今日ここで被災地のために、おれたちの未来のために、心もそして体も1つにして一心同体となって被災地にエールを送りましょう」と呼びかけた。

約2時間半で24曲を披露し、抜群のエンタメでファンを喜ばせた伝説のユニットは、13年前のライブでは同じ東京ドームに約10万人を集め、約6億5000万円を義援金として寄付した。あれから13年。地震から4カ月以上がたっても復興のめどさえ立たない能登半島の被災地に、寄り添う心と公演利益の全てを届ける。【松本久】

○…COMPLEXは約2年の活動期間中、リリースしたシングル2作、アルバム2作のすべてでオリコンの週間ランキング1位を獲得した。シングルはデビュー曲「BE MY BABY」(89年4月)が20・9万枚、「1990」(90年3月)が19・7万枚。アルバムは「COMPLEX」(89年4月)が50万枚、「ROMANTIC 1990」(90年4月)が48・1万枚。(すべてオリコン調べ。累積売り上げ)

▽COMPLEX(コンプレックス) ボーカル吉川晃司(きっかわ・こうじ)1965年8月18日、広島県生まれ、ギター布袋寅泰(ほてい・ともやす)1962年2月1日、群馬県生まれによるロックユニット。

▼88年12月10日 結成。

▼89年4月8日 シングル「BE MY BABY」でデビュー。

▼同4月26日 アルバム「COMPLEX」発売。 ▼同5月10日 初のツアー「COMPLEX Tour 1989」がスタート(全国44公演)。

▼90年3月14日 シングル「1990」発売。

▼同4月18日 アルバム「ROMANTIC 1990」発売。

▼同5月9日 ツアー「COMPLEX ROMANTIC 1990」スタート(全国33公演)。

▼同11月8日 東京ドーム公演を最後に活動を停止。

▼2011年7月30、31日 東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティーライブを東京ドームで開催。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.