starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

藤崎マーケット・トキ「あれ以上に落ち込んだ日は無い」、テレビ初出演時の「地獄の1分」回想


藤崎マーケットのトキ(2022年8月撮影)

お笑いコンビ、藤崎マーケットのトキ(39)が16日、X(旧ツイッター)を更新。初めてテレビ番組に出演した際の出来事を振り返った。

トキは「私が初めてテレビに出たのは18年程前、テレビ朝日で放送されていた『笑いの金メダル』という番組で、その番組内にあるネタコーナー『笑金スター誕生』での1分間が、私の第一歩であった。しかし私はこの『1分間』を地獄の1分に変えてしまう。それは何故か 結論から申しますに『持ち時間のネタ全てを飛ばしてしまった』からである」と書き出した。

後に一斉を風靡するリズムネタ「ラララライ体操」をテレビ初披露……するはずだったが、全国放送というプレッシャーや多くのテレビカメラに気を取られて「俄かに錯乱状態」に陥り、セリフを言うことができなくなってしまったという。

クロスタップというステップをなんとか続けてごまかしていたものの、“飛んで”しまったセリフは出てこず、予定になかった動きをし始めてしまったことで相方の田崎佑一も困惑。「私の変態に、面食らった形となった相方は、喫驚した表情をこちらへ向けたのち、すぐさま思考停止となり、予定に無かったはずの私のステップをなぜか真似てみる格好となる。昨晩まで寝ずに練習したラララライ体操とは違い、パニックにより生み出された即興のステップを、突然合わせだした初登場の私達 静まるスタジオ、一向にネタが始まらない。クロスタップを合わせるだけの私達。時間が永遠に感じられる。どうやら相方もネタを飛ばしたに違いない。一切言葉を発しない。揺れる揺れる2人。どちらも言葉を発しない。足を交互に前に出しているだけ。揺れる揺れる2人。ネタが一向に始まらない」と緊張感あふれる当時の状況をつづった。

そのまま時間いっぱいで強制終了。「ハァハァと肩で息をするカーテン裏の青年2人。真っ暗となった舞台裏で、お互いの『やってもうた』が闇に消えていく。拭い去れぬ過去の記憶である。今でもこの悪夢が出てきて夜半、目が覚めることがある。あれ以上に落ち込んだ日は無い。今、芸人を続けていられるのも不思議な程である」と、大阪から上京して臨んだ初のテレビ収録で演じてしまった失態を回想した。

一方で、「ちなみにその初テレビは、タンクトップの2人が揺れるだけ、と云う強烈なインパクトを残して、何故か、一周勝ち抜いてしまった」と、“まさか”の結果も振り返った。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.