starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

蒔田彩珠の「息抜き」に客席驚き「かばんを作っています…何個か」中型バイクで江の島も走る


映画「ハピネス」女子高校生試写会で舞台あいさつに臨む蒔田彩珠(撮影・江口和貴)

蒔田彩珠(21)が15日、都内で行われた初主演映画「ハピネス」(篠原哲雄監督、17日公開)女子高校生試写会で、疲れた際は「バイクに乗る」と、気分転換法を明かした。

「ハピネス」は作家・嶽本野ばら氏の同名小説の実写化作品。蒔田は劇中で、心臓の病気で余命1週間を告げられた高校生の由茉を演じた。「わたしね、あと1週間で死んじゃうの--」と突然、窪塚愛流(20)演じる雪夫に告白。それを受けて、雪夫は幸せな日々を一緒に作り上げることに協力する。

蒔田はトークの中で「すごく大好きなことを仕事にしていますけど、疲れることもある。バイクに乗ったり、編み物だったり、無になる…自分から離れて、好きなことをして息抜きします」と語った。

編み物には、すごくはまっているといい、ファッションについて聞かれた際も「その日、起きた朝の気分でクローゼットから選ぶ。編み物で作った帽子、かばんから服を選ぶ。最近はかばんを作っています…何個か」と、かばんまで作る腕前だと語り、客席を驚かせた。乗っているバイクと、よく走る場所を聞かれると「中型で…江の島です。日中、走っています」と笑みを浮かべた。

この日は、雪夫を応援する姉の月子を演じた橋本愛(28)も登壇した。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.