starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

窪塚愛流、寝る前に心の中で「ありがとうございます」と口にする理由は…


映画「ハピネス」女子高校生試写会で舞台あいさつに臨む窪塚愛流(撮影・江口和貴)

窪塚愛流(20)が15日、都内で行われた初主演映画「ハピネス」(篠原哲雄監督、17日公開)女子高生試写会で、女子高生を前に「ありがとうございます」という機会を増やしていると明かした。

「ハピネス」は作家・嶽本野ばら氏の同名小説の実写化作品。窪塚は劇中で雪夫を演じた。蒔田彩珠(21)演じる、心臓の病気で余命1週間を告げられた高校生の由茉から「わたしね、あと1週間で死んじゃうの--」と突然、告白されたことに戸惑いつつ、彼女との幸せな日々を一緒に作り上げることに協力する役どころだ。この日、登壇した橋本愛(28)は、雪夫を応援する姉・月子を演じた。

窪塚は、最近していることについて聞かれ「寝る前や、お風呂に入る時に、心の中で『ありがとうございます』と言うこと」と即答した。「今日、生きていて良かったなと思うこと…全部があるから昨日も、今日も、一昨日も、明後日も、未来も幸せになると思う。感謝の言葉を口にすると、言った人も、うれしい気持ちに…僕は、なるので」と意図を語った。

具体的には「コンビニで『ありがとうございます』と言ったり、マンションで掃除している人が居たら『ありがとうございます』と言う機会を増やしています」と説明。「小学生の頃、あいさつや感謝が大切だと思っていた。ずっと続けていることです。あいさつは、メチャクチャ元気でした」と笑みを浮かべた。

そんな窪塚も、高校1、2年生の頃は「身だしなみが悪かった」という。「校長先生に『窪塚君は、良い意味でも悪い意味でも目立つから、身だしなみはよくしたら』と言われ、雷に打たれたようだった。ネクタイを1番、上まで締めるようになった」と、高校時代の校長先生のひと言で身だしなみが変わったと振り返った。「靴下まで気にするのも、校長先生に言われなかったら、そうならなかった。今の自分を作っています」と、高校時代の校長先生に感謝した。

昨夜は最近、忙しくてできなかった自宅の片付けをしたという「洗濯、皿洗い、掃除…グチャグチャだったのを全て制覇した。朝から、幸せ…スッキリしました」と満面の笑みを浮かべた。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.