starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

紀藤正樹弁護士が前澤友作氏の「1円」提訴デメリット指摘「裁判所もたかをくくり真剣さ落ちる」


紀藤正樹弁護士(2022年7月撮影)

弁護士の紀藤正樹氏が15日、X(旧ツイッター)を更新。衣類通販大手ZOZOの創業者で、株式会社カブ&ピース代表取締役社長の前澤友作氏(48)が米IT大手Meta(メタ)とFacebook Japan社を提訴し、損害賠償請求を「1円」としたことのデメリットを指摘した。

前澤氏は同日、著名人になりすまして投資などを薦める不正広告がインターネット上に出回り、多くの被害者が出ている問題を受け、「Meta社及びFacebook Japan社それぞれを本日提訴しました。損害賠償請求はあえて1円にしました」と自身のXで報告。「彼らの行為が違法なのか合法なのかまずははっきりさせたいと思います」と、あえて損害賠償を1円にした理由を説明した。

その上で「また、彼らが努力している(してないとしか思えないけど)という詐欺広告対策についての具体的な内容提示、並びに責任者に対する法廷での証人尋問を求めます。違法となれば、詐欺被害者の損害賠償請求もやりやすくなりますし、なにより詐欺被害抑止の大きな一歩になるものと思います。頑張ります」と、不正広告により詐欺にあった被害者が、両社に損賠賠償請求訴訟をしやすくするための、先陣を切る狙いがあると強調した。

紀藤氏は前澤氏の損害賠償請求額について「残念。1億にしてほしかった」と率直な思いをつづり、「1円訴訟をした経験がある実務家として言いますが確かにお金欲しさでないことはわかるものの、裁判所も相手もどうせ1円の事件とたかをくくり訴訟への真剣さが落ちます」と自身の経験をもとにデメリットを説明。「前澤氏の損害は1億でもおかしくない」と私見を述べた。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.