starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

藤原大祐、ドラマ初主演「弟がいる世界線を知れた」3人の弟の「20歳になったときが楽しみ」


NHK夜ドラ「柚木さんちの四兄弟。」でドラマ初主演を務める藤原大祐

藤原大祐(20)が15日、NHK夜ドラ「柚木さんちの四兄弟。」(27日開始、月~木曜午後10時45分)リモート合同取材会に出席し、同作への思いを語った。

年の離れた4兄弟の日常を描いた藤沢志月氏の同名コミックが原作。互いへの思いやりが招く家族間のすれ違いや、思春期の成長に伴うコンプレックスなど、どこにでもあるが本人にとってはとても重大な問題に、兄弟が寄り添いながら共に乗り越えていくホームドラマ。藤原は2年前に両親が突然亡くなり、弟3人の面倒をひとりで見ている柚木家の長男で教師の隼を演じる。

ドラマ初主演には「作品を作り上げる一員として、3人のお兄ちゃんという意識で現場に入りました」。さらに、初の教師役に「これまで生徒役をやっていた僕からするとギャップもあった」とも話した。

3人の弟を演じる、次男の大野遥斗、三男の山口暖人、四男の永瀬矢紘とは絆を深めていると明かし「クランクインよりさらに前に“遊ぶ日”を設けて、トランプや指遊び、兄弟だからこそする遊びができた期間があって、そこから徐々に兄弟になっていった気がします」と振り返った。

実生活で1人っ子の藤原は「この作品で弟がいる世界線を知れた」といい「元々兄弟にも憧れもありつつ、大人になって1人っ子で良かったとも思うんですけど、弟たちが20歳になったときが楽しみで仕方ない。この仕事を続けて活躍してくれたらうれしいし、仮にこの仕事じゃなかったとしても幸せに暮らしてほしいという思いが強い。10年後にまた会いたいです」と笑顔を見せた。

自身の中学生時代は「人間観察が好きだった」という。「脚の太さからどんなスポーツをしていたか考えたりするのが好き。それが今、役の幅に広がっている」と自信をのぞかせた。「忘れかけてた感覚を思い出させてくれる作品。大きなことが起きるわけではないけど全32話を通して作品を楽しんで欲しい」とアピールした。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.