starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

坂上忍、連ドラ撮影初日”5時間大遅刻”俳優の名明かす「総スカンくらっちゃって」


坂上忍(2023年4月撮影)

タレント坂上忍(56)が、14日までに更新された女優伊藤かずえ(57)のYouTubeチャンネル「やっちゃえ伊藤かずえ」に出演。出演ドラマの撮影初日に“大遅刻”してきた俳優の名を明かした。

坂上は、1985年に放送された伊藤の主演連続ドラマTBS系「ポニーテールはふり向かない」で共演した時の話などで盛り上がった。そして「まこちゃんと知り合ったのは、一緒に共演してたそのドラマ(『ポニーテール-』)がきっかけで。あの人がその現場でいじめられてたからですよ」と同作で共演した俳優野々村真(59)との思い出も、振り返った。

伊藤が「(野々村が)監督にすごい言われてたよね…いろいろ」と話すと、坂上は「初日に5時間遅刻してきた。おれら、ロケバスで5時間待ったんだから。それでもう、ボロカスに…。そりゃ、そうですよ。そんな失礼なやつ、世の中にいないんだから。初日で(遅刻して)」と背景を説明した。

伊藤が「何を間違えてたんだろうね?」と聞くと、坂上は「単純に寝坊だったと思う」と推察した。ただその直後、動画の中では野々村自らが”5時間遅刻”の理由について、初めてのロケバスの集合場所にマネジャーが迷ったり、渋滞にはまるなどして5時間たってしまったという趣旨のことを説明しているトーク映像が補足として流れた。

動画は再びトークの場面に戻り、坂上は「(野々村が遅刻で)総スカンくらっちゃって。役者の控室では松村雄基さんに4の字固めかけられたり。まこちゃんは結構マジで悩んでて。役者さんの現場が初めてだから、スタッフさんにも総スカン、役者のところ行っても4の字固め…みたいな感じで」と、同ドラマ現場における当時の様子を続けた。

ただ、現場の簡易トイレの中で野々村がセリフの練習をしている姿を目撃し、坂上は、それから「あ、緊張してたんだ…と思って、そこから”ああやったら、こうやったら”って言って」と助言するようになったことを明かした。

ただ、坂上は「衣装合わせの時に、バカだから、サングラスをかけてイキって入ってきた。それをみんなに見られていた。それやっちゃったら、余計じゃないですか。遠くから黒いサングラスかけて(肩で風を切るようなしぐさをしつつ)”こんなん”なって歩いてくるヤツがいて。そしてたらまこちゃんで。あんなのみたれたら、そりゃ、やられるじゃん。そんな感じでしたよ、あの人は」と笑いをまじえつつ、付け加えていた。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.