starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

杉咲花「アンメット」第5話5・6% 星前は自身の考えを三瓶に否定され口論となる


カンテレ・フジテレビ系「アンメット ある脳外科医の日記」に出演する杉咲花、若葉竜也(C)カンテレ

杉咲花(26)が主演を務める、カンテレ・フジテレビ系「アンメット ある脳外科医の日記」(月曜午後10時)の第5話が13日に放送され、平均世帯視聴率が5・6%(関東地区)だったことが14日、ビデオリサーチの調べで分かった。平均個人視聴率は3・0%。

第1話は平均世帯6・0%、個人3・2%。第2話は平均世帯5・7%、個人3・1%。第3話は平均世帯5・7%、個人3・1%。第4話は平均世帯5・4%、個人3・0%だった。

今作は、杉咲演じる記憶障害の脳外科医・川内ミヤビが、目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく新たな医療ヒューマンドラマ。杉咲のほか、若葉竜也(34)井浦新(49)らが出演する。

▼第5話あらすじ 

寺の住職・成海(三宅弘城)が、読経中に意識を失い運び込まれてくる。検査の結果「もやもや病」が見つかり、治療後も脳梗塞や脳出血を引き起こす可能性をはらんでいることから、主治医のミヤビ(杉咲)は、今後、お勤めは一切やめるよう宣告。それは事実上の引退勧告で、成海はその言葉を静かに受け止めるが、弟子の碧聴(大友律)は不安を隠せない。

早速、成海の手術が行われることになり、三瓶(若葉)はミヤビを術者に指名する。しかし、もやもや病の血管は細く、手術の難易度も高いため、今の自分にはまだ無理だと反論するミヤビ。「川内先生ならできます」-三瓶のその口ぶりは、まるで手術の成功を確信したかのようだったが、ミヤビは、麻衣(生田絵梨花)から「三瓶先生のことは、あんまり信用しないほうがいい」と言われたことが胸の奥に引っかかっていた。

一方、全科で専門医レベルを目指す星前(千葉雄大)は、自分にも脳外科の手術をさせてほしいと三瓶に頼むが、あっさり断られる。星前は、自分の専門以外の知識がない医者を「専門バカ」と呼び、それによって困る患者を1人でも減らしたいと思っていたが、三瓶はその考えを真っ向から否定。すると星前は珍しく声を荒らげ、相いれない2人の間には嫌な空気が漂う。しかし実は、星前の高い志の裏にはある理由が隠されていて…。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.