starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

“不適切発言”の静岡県川勝平太知事「全文読んで」に反論「この段落いらない」新潮社出版部長


中瀬ゆかりさん(2018年10月撮影)

新潮社の出版部長、中瀬ゆかり氏が4日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜午後5時)に生出演。入庁した県職員に訓示を行った際、職業差別と受け取れる発言をしたことなどを受けて、今年6月をめどに辞職を表明した静岡県の川勝平太知事(75)について言及した。

6月1日時点で在職していれば、夏のボーナスが支給されると一部で批判されていることについて、中瀬氏は「こういうことを言われちゃうこと自体が、失言大王と言われる人だし」とバッサリ。続けて「以前、辞職勧告決議が出た時もボーナスを受け取りませんって言っといて後で受け取ってことが分かるとか。今回も前言撤回、辞めるのを辞めたって言うんじゃないかとか、夏のボーナス狙いって言われちゃうのが、これまでのことを感じちゃう」と語った。

さらに川勝知事が「全文読んでくれれば」と発言したことに対しても「知性は磨かなければならないって言う上で、この段落いらないじゃないですか。この発言で。普通に言えばいいものを」と話した。

川勝知事は3日、県庁で記者会見し、1日に新しく入庁した県職員に訓示を行った際、職業差別と受け取れる発言をしたことなどを受けて、辞職する考えを表明。この言葉を撤回するかどうか記者に再三、問われたが川勝氏は撤回しない考えを示した。

川勝氏は訓示で「県庁は別の言葉で言うとシンクタンク。毎日毎日野菜を売ったり、牛の世話をしたり、ものをつくったり、とかいうことと違って、基本的にみなさま方は頭脳、知性の高い方たち。それを磨く必要がある」などと、発言した。川勝氏は「全文を読んで欲しい」としながらも「一部を取ると差別発言という指摘は確かにそう」と述べた。ただ「撤回はしないのか」と問われると「はい」と明言した。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.