starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

10歳少女がフランス人祖父へサプライズ、仏ですし握ってふるまいたい おは朝45周年企画


芸能社会ニュース

関西朝の名物情報番組、ABCテレビ「おはよう朝日です」(午前6時30分=関西ローカル)の45周年企画第1弾、「少女の夢応援」の最終回が4日、放送された。

フランス在住のフランス人祖父に会ってサプライズを送りたいと願うマルザン瑛麻(エマ)ちゃん(10)。おじいちゃんに、5年ぶりに再会し、自分で作った世界一のすしをふるまうという2つのサプライズを実現すべく、岩本計介アナウンサー(48)がサポートしていく。

エマちゃんは、日本ですし職人からにぎりずしの作り方を学んだ。苦労したのは、魚をさばくこと。特に内臓を取り出す作業がつらく、泣き叫んで逃げ出してしまった場面も。

「病気で日本に来られないフランスのおじいちゃんへ、最高のサプライズを!」。その一念で、エマちゃんと岩本アナはフランスへ向かい、5年ぶりの再会を果たした。

サプライズを実現しようと、海釣りへ行くが、エマちゃんは船酔いでリタイア。釣り好きの岩本アナが、出航から4時間、見事におじいちゃんの好物のタイを釣り上げた。

エマちゃんは、そのタイを自分でさばき、苦手な内臓取りも敢行。「世界でたったひとつのすし」を完成させた。すしを食べたおじいちゃんは「すごくおいしい! ご飯も魚も最高! エマは素晴らしいよ。こんなにおいしいすしは、どこにもないよ」と感激しきり。

「最初から最後まで素晴らしいサプライズだった。エマに会えて本当にうれしかった。大きくなってからでもいいから、また来てほしい。ありがとう」と大喜びだった。

この日の放送で、エマちゃんはスタジオにも登場し、今回の挑戦をまとめたスケッチブックを披露。地図や写真で日記風にまとめてあり、おじいちゃんに「C'est bon.(おいしい)」と言ってもらえてうれしかったことや、岩本アナらスタッフやすし職人らへの感謝もしたためられていた。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.