starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

小澤征悦、父征爾さんが初主演映画をお忍び見学「中腰でそろりそろりと来て」


小澤征悦(2022年6月撮影)

俳優小澤征悦(49)が3日、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜午前11時30分)にゲスト出演。忘れられない映画出演について語った。

小澤は自身の映画デビューとなった崔洋一監督の「豚の報い」(99年)を挙げると、「オーディションで主人公の役に選んでいただいて」と振り返った。

1カ月ほど沖縄・久高島でロケを行ったという。初主演の苦労を語りつつ「海の中で亡くなったおやじさんに会うみたいな、幻想的なシーンがあって、海で撮ってたんです。夜」とある場面の撮影を回想。「砂浜があって、自分は海の中に腰まで入って撮影してて。崔監督は砂浜にいて」と説明した。

小澤によると、家族が沖縄まで撮影見学にやってきたといい「おやじもちょうど海外から帰ってきて。東京から沖縄までそのまま飛んできて。『撮影見たい』って言って。夜のシーンにたどり着いたんです」と父の小澤征爾さんも現場を訪れたという。

また「『来るよ』とは聞いてたんですけど、砂浜だから遮るものが何もない」と話し、「俺は海の中にいるし、向こうがザワザワとしてるなと思って見たら、砂浜の向こうの方からうちのおやじがこっちに来るのが見える。うちのリアルなおやじが。小澤征爾が歩いてくるのが見える」と苦笑い。「だけど隠れるものがない。でもおやじは邪魔しちゃいけないと思うじゃないですか、撮影だから。だからずーっと中腰で」と気遣いがかえって目立ってしまったと語った。

小澤は「中腰でそろりそろりと来て。すげえ目立ってました。そんなこともありましたね」と父との思い出を振り返ってしみじみ。「崔洋一監督もどうしていいか分からないじゃないですか。『こっち来てください』って言うのもあれだし。撮影中だし。微妙な空気が」と笑っていた。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.