starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

永野芽郁「君が心をくれたから」第6話6・2% 雪乃から最初で最後の家族旅行をお願いされる雨


フジテレビ系「君が心をくれたから」に出演する山田裕貴、永野芽郁(C)フジテレビ

永野芽郁(24)が月9初主演を務めるフジテレビ系「君が心をくれたから」(月曜午後9時)の第6話が12日に放送され、平均世帯視聴率が6・2%(関東地区)だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。

第1話から7・2%、5・8%、5・6%、5・4%、5・3%だった。

平均個人視聴率3・8%で、第1話から4・5%、3・4%、3・3%、3・2%、3・3%だった。第1話はロケ地となっている長崎県で世帯視聴率22・6%、個人全体で18・1%の高視聴率をマークした。

今作は永野演じる過去の経験から自分に自信が持てない主人公・逢原雨が、山田裕貴(33)演じる朝野太陽のために自分の“心”を差し出す宿命を背負うことから始まる、過酷な「奇跡」が引き起こすファンタジーラブストーリー。異国情緒あふれる幻想的な街・長崎が舞台となる。 

▼第6話あらすじ

逢原雨(永野)は、朝野太陽(山田)と付き合い始めた。雨の祖母・雪乃(余貴美子)がガン闘病で入院していることもあり、雨のことが心配になった太陽は、雪乃の家で彼女と一緒に暮らし始める。だが雨は、太陽との生活にまだ慣れない様子だった。そんな雨に太陽は「これからは『雨』って呼びたい」と申し出る。自分の名前が苦手な雨は、少し考えさせてほしい、と返す。

雪乃の部屋を掃除していた雨は、古いボイスレコーダーを見つける。雪乃と雨は、そのボイスレコーダーを使って互いにメッセージを録音し、声の交換日記をしていたことがあった。当時小学生だった雨にとって、優しくて温かい雪乃の声は1番大切な宝物だった。

その時、雪乃が入院している病院から、容体が急変したとの知らせが入る。病院へ駆けつける雨。すると雪乃は、家に連れて帰ってほしいと雨に頼む。病院から、もし何かあっても責任は取れない、と告げられた雨は悩むが、太陽から「大丈夫、俺もいるから」と励まされ、帰宅する。

「あと何日もつかどうか」。そう感じていた雪乃は、雨にひとつお願いをする。それは、雨の母・霞美(真飛聖)を連れた、最初で最後の家族旅行に出かけることだった-。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.