堀ちえみ(2021年6月撮影)

2019年(平31)に口腔(こうくう)がんと食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(55)が21日までにブログを更新し、入院したことを報告した。

堀は20日のブログで、「今日未明に下腹部の痛みで目が覚め、主人に大学病院の救急外来へ、連れて行って貰いました。早朝からいろんな検査をしています。PCR検査は陰性でした」と書き出し、「ただやはり炎症反応がかなり高く、検査も含めて心労・疲労回復のためにも、入院することになりました」と報告した。

予定はすべてキャンセルするとし、「いろいろな皆様に、ご迷惑をお掛け致しましたことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「とても残念でなりませんが…ゆっくり休んで、また笑顔で復活できたらなぁ…と思います」とつづった。

21日の投稿では、「昨日の今頃は、歩けなくて車椅子でした」というが、点滴治療で血圧などが回復してきたと報告。「今回は人生で、何十回目の入院となるのでしょう(笑)今回もいつ退院できるか分かりませんが…この経験も自分の人生に、活かして生きたいです」と前向きな思いをつづった。

情報提供元 : 日刊スポーツ_芸能
記事名:「 堀ちえみが入院を報告「今回もいつ退院できるか分かりませんが…」19年に口腔、食道がんを手術