氷川きよし今年の紅白歌合戦での「限界突破×サバイバー」歌唱は「結構大変な内容」を予告

 大みそかの『第71回NHK紅白歌合戦』のリハーサルが30日、開催され歌手・氷川きよしの現場のコメントと写真が公開された。
 21度目の紅白歌合戦となる氷川。本番では昨年は
 氷川は囲み会見で「デビューから毎年こうやって出させていただいて、次はないと思いながら全力で1年に1回の歌の祭典に出させていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです」と、現在の心境を。
 さらに、氷川の登場はゲストの松任谷由実を入れて大トリの5人前とあり「最後の方の登場なのでドキドキしますが、テンションを上げ緊張感を持って、今年はコロナ禍で大変な1年でしたから、少しでもみなさんに希望を送れるような歌を歌いたい、老若男女のみなさんに一緒に生きていきましょう、乗り越えていきましょう、という思いを、自分の心と体を通して歌で、『限界突破×サバイバー』で出させていただきます」と、意気込みを。
 すでに29日にリハーサルをしてみたそうだが、「結構大変な内容でした。生放送なので一発で終わりですから、とにかく成功することを祈っています」と、今年も大仕掛けがあるようで「見てくれた、歌を聴いてくれたみなさんが、すごく元気になってくださればいいと思っています。心を込めて精いっぱい歌いますので、ぜひご覧いただきたいです」と、メッセージを寄せた。
 ※記事内写真は(C)NHK

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...