女優の安藤サクラ(34)が15日、スキンケアブランド『ベネフィーク』の新ミューズオンライン発表会に出席した。

新イメージキャラクターに就任したことに「私は、資生堂さんの華やかな感じとは遠いところにいるような気がしていたので、意外に思いましたし、皆さんも意外に思ったのではないでしょうか。」と苦笑いを浮かべるも「私なりに自分らしい生活の中での美容というのを伝えていきたい。」と意気込みを見せました。

クリアな美しさが魅力の安藤さんですが、普段のスキンケアと美の秘訣について聞かれると「スキンケアとは、特別な付き合いというよりも、朝お水を飲むのと同じように付き合っていくようにしました。自分の肌とじっくり向き合い、きちんと肌に触れることから始めました」と明かし「まずは自分の肌と向き合うことが私らしい美容だと思います。自分の声に正直になることでしょうか」と、自らと向き合う“安藤サクラ流”の美容法を紹介しました。

ベネフィークのテーマは「人生の変節点で戸惑う女性たちを、 肌から応援する」。

自身の人生の変節点については「人生の中で変節点は多いように感じます。作品との出会い、役との出会い、それによって新しい自分になることがあります。あとは、家族の形が変わった時が大きい変化、変節点になっていると思います」といい「ネガティブなものでも順応して、受け入れていくことも大事だと思います」と語りました。

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「安藤サクラが『ベネフィーク』新ミューズに就任 自身の美容法も明かす