99.5%が「また食べたい」と回答!野菜の会社が“おいしさ”にこだわったプラントベースフード

植物由来の原材料を使用したプラントベースのカレーやパスタソースなどが楽しめる「カゴメ プラントベースシリーズ」を展開するカゴメは、全国の20~60代の男女2112名に「プラントベースフード」に関する調査を実施。味に不安を抱えていた人が7割超いた一方、実食経験者の99.5%が「また食べたい」と回答したことがわかりました。
「プラントベースフード」とは、植物由来の原材料だけを使用した食品全般のこと。代表的なものとしては大豆ミートがあり、CO2排出量や水資源使用量が一般的な食肉より少ない点などから、サステナブルな生活につながる食品として注目を集めています。
プラントベースフード」という言葉の認知度について聞くと、15.4%が「知っているる」、17.0%が「聞いたことがある」と回答。合計すると、認知度は3割超にのぼっています。しかし、その味については今回の調査で7割超(70.8%)の人が「不安がある」と回答しました。
こうした背景をふまえ、事前調査において「プラントベースフード」を「知っている・聞いたことがある」と答えた554名を対象に「プラントベースフード」を食べたことがあるかを質問。すると56.7%が「ある」と回答し、食べた理由・目的としては「健康によいイメージがあったから」(51.6%)、「美容によいイメージがあったから」(34.7%)、「環境によいイメージがあったから」(32.8%)が上位となりました。
同社の「カゴメ プラントベースシリーズ」は“おいしさ”にこだわり抜いた商品だといい、植物由来の原材料を使ってコクと旨味がしっかりと感じられるカレーやパスタソースなどを展開しています。
「カゴメ プラントベースシリーズ」を食べたことがある人に対し、味の感想を聞いたところ、99.0%が「おいしかった」と回答。さらに、99.5%が「また食べたい」と答えました。
実食経験者から高評価された「カゴメ プラントベースシリーズ」は、野菜のおいしさを最大限に活かした“おいしい”プラントベースメニューを1人前のレトルトパウチで展開。「ベジミートボールのトマトのソース」「大豆ミートのタコライス用ソース」など商品は全11品あり、カレー、パスタソース、エスニックの3つのジャンルから好みやその日の気分にあわせて選ぶことができます。
また、同シリーズはNPO法人ベジプロジェクトジャパンによるヴィーガン認証を受けており、動物性原材料(牛肉・豚肉・鶏肉・魚介類・乳製品・卵)は配合されていません(※同一製造ラインにおいて、左記原材料を含む商品を製造しています)。そのため、プラントベースフードを取り入れたライフスタイルを意識している方にもおすすめです。 
「カゴメ プラントベースシリーズ」 オフィシャルサイト
https://www.kagome.co.jp/products/brand/plantbased/

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...