孫になりすました詐欺電話を祖父が撃退できたわけ

孫になりすました詐欺電話を祖父が撃退できたわけを投稿したジョークツイートが注目を集めています。
https://twitter.com/_RobertSchultz/status/1594878138835558400
ヨーロッパに滞在中の孫が困っているという体で5000ドル(約70万円)送金して欲しいという電話がかかってきたおじいちゃんですが、“孫がヨーロッパに行くことなど絶対ない”という確信からオレオレ詐欺に騙されなかったというジョークツイートがこちら。
投稿主はアメリカ人コメディアンのロバート・シュルツさんです。
このジョークツイートには似たようなジョークや実際にあったエピソードなどが多数寄せられています。
・ウチの祖母は「孫から金借りることはあっても孫に金貸すようなことはない家族なのよね」といって詐欺を撃退しました
・ボクの名前をフルネームで言えた詐欺師ですが発音を思いっきり間違えたために祖父に電話を切られてしまいました
・一人しか孫がいないのに「どの孫だい?」と言い返して詐欺を見破った祖父
詐欺電話がかかってくると祖母はまず「あなたの母親の名前は?」と聞き返します
・ロバートはフランスが大嫌いなんです
・孫の代理人だと言い張る詐欺師に対して祖母が実際に言い放ったセリフ →いまだに好きになれない孫だから煮るなり焼くなりご自由に
・孫の名前を正確に名乗ってきた詐欺師に「そんな名前の孫はいない」と言って電話を切ったウチのおばあちゃん
・同じパターンの詐欺にまんまと2回も騙されてしまったのが私の父なんです
・子どもなんか一人もいないのに子どものフリした詐欺電話がかかってきたことがあったわ
Photo by Andrej Lišakov on Unsplash
(執筆者: 6PAC)

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...