yahoo

ヒカキン無事で良かった! イベントでのヒカキン不審者接触事件でUUUMが詳細を公開

2022.08.16 17:40
rss ガジェット通信
エンタメ
コメントする
とにかくヒカキンさんが無事でよかった! その一言に尽きる事件が2022年8月14日に発生しました。国立代々木競技場第一体育館で開催された『オールスター大運動会@代々木競技場』に出演したヒカキンさんが、不審者と接触する事件が発生したのです。

ヒカキンさんの命が守られたことは不幸中の幸い

不審者が何を目的としたのかは不明ですが、なにより、ヒカキンさんの命が守られたことは不幸中の幸いと言えるのではないでしょうか。今回の事件について、イベントを共同開催したUUUM株式会社が事件の詳細について発表しました。その内容を以下に掲載いたします。
<8月14日開催のイベントで発生した事件について>
「8月14日、国立代々木競技場第一体育館にて、UUUM株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:梅景 匡之)が共同開催した「オールスター大運動会@代々木競技場」第二部において発生した不審者侵入事件について、あらためて経緯と、今後の対策方針についてご報告いたします」
会場建物への侵入方法について>
「本イベント運営に際し、当社および運営委託先である株式会社ディスクガレージ、株式会社ポニーキャニオンと協議の上、当該会場で実施される大多数のイベントと同等の警備体制を敷いておりました。従って、チケットを所持せずに会場建物に立ち入ることができない導線設計を確立しておりました。しかしながら、当該不審者の会場建物への侵入が、チケットを所持され建物内に入場済みのお客様を利用する形で行われ、その方法が相当に特殊であったことが判明しており、この点については、運営委託先各社と重要な課題として喫緊の対策が必要と考えております」
会場建物侵入以降について>
「会場建物内の警備体制については、一般のお客さまが立ち入り可能なエリアと、イベント関係者のみ立ち入り可能となるエリアが、通行パスによって明確に切り分けられておりました。当該不審者が会場建物内に侵入後、ステージまで到達してしまった経緯については、パスチェックゲート以外の箇所を突破した事実が判明しており、この点については、ディスクガレージ社における体制が十分でなかったとのコメントをいただいております」
<ディスクガレージ社によるコメント>
「弊社としては基本的な使命として、出演者・スタッフ及び来場者の安全を確保することを大前提と考えております。また、日頃その点に留意して警備体制を構築・運用してまいりました。この度のような想定外のケースに関しましては、各会場の構造や導線を再確認し、再発の防止に努めてまいります。関係各位に多大なるご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」(引用ここまで)

不審者はヒカキンさんと長時間接触

ヒカキンさんは、今回の経験について、自身の公式YouTubeチャンネルでも語っています。不審者はヒカキンさんと長時間接触していました。もし不審者が、危険な物を持っていた場合、ヒカキンさんに危害が加えられていたかもしれません。

このようなことが二度と発生しないように願う

とにかく今は、ヒカキンさんが無事でいたことを心から喜ぶべきだと思います。今後、このようなことが二度と発生しないように願いたいものです。イベントのコンテンツ自体は良い内容だったといえるのではないでしょうか。今後のイベント開催にも期待です。
※冒頭画像はヒカキンさんの公式YouTubeチャンネルより
(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間