5月31日に全仏オープンを棄権すると発表した大坂なおみ選手。全仏オープンでは試合後の記者会見を拒否すると宣言した大坂選手を非難していたのがフランステニス連盟のジル・モレトン会長です。


大坂選手の全仏オープン棄権発表後、モレトン会長は記者たちを前に「大坂選手がローラン・ギャロス(全仏オープン)を棄権したことは残念でなりません。彼女が早く回復することを祈るとともに、来年のトーナメントで大坂選手をお迎えすることを楽しみにしています」という声明文を読み上げました。


その後、記者からの質問を受けることなく退場したモレトン会長に世界中から批判の声があがっています。



https://twitter.com/TennisHandicap1/status/1399568405552828418



「大坂なおみの全仏オープン棄権について:フランステニス連盟のジル・モレトン会長は声明を発表したが、質問は一切受け付けなかった。なんという偽善者。1万5000ドルの罰金を科されて辞職すべきだ」



https://twitter.com/miguelmarcos/status/1399798902027698177



「“私の言う通りにしなさい、私のように振舞うのではなく”。(選手ではなく主催者は)メディアからの質問はなし?」



https://twitter.com/yadudesup/status/1399877370346020868



「FFT(フランステニス連盟)のジル・モレトン会長は、質問を受け付けなかったという理由で1万5000ドルの罰金が科されるべきだ」


他にも


・最高の偽善
・会長の座にふさわしくない男
・選手には記者会見拒否で罰金、自分は平然と記者会見拒否とはすげえ皮肉だな
・最低の中の最低
・超ダブルスタンダードじゃん
・マジで?
・笑えない冗談だよ
・おとなしく辞職しましょう
・なおみも同じことすればよかったんだよ
・メディア対応は仕事の一部じゃなかったの?
・質問されても答えられないので
・神経太いな
・モレトンに罰金科さないなら、なおみが払った罰金は返金すべき
・それでも解雇されないのかね




といった声が見受けられました。


※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/WTATea/status/1399533972707713029


※ソース:
https://www.rolandgarros.com/en-us/article/statement-from-roland-garros


(執筆者: 6PAC)

情報提供元 : ガジェット通信
記事名:「 大坂なおみ選手を非難していたフランステニス連盟ジル・モレトン会長に批判集まる 「超ダブルスタンダードじゃん」「メディア対応は仕事の一部じゃなかったの?」