現在、1万以上を数えるまでになったというVTuber。男性がバ美肉化しているケースも多いですが、十久かなさん(@talkkana)がTwitterで発表したマンガ『クラスの不良に美少女VTuberなのがバレた』では、平凡な男子高校生がVTuber活動をして登録者1万人を達成して喜んでいたところ、不良に絡まれて……というストーリーで、その結末に「最高じゃん」「これは本物だ!」といった反応が寄せられています。

どこにでもいる平凡な男子高生の中野瞬くんですが、実は雑談&ゲーム配信のVTuber「甘糖ほいっぷ」として活動してチャンネル登録数1万人を達成! 「配信は地味な僕が唯一輝ける場所」といい、教室でスマホを見て「お祝いのコメントきてる。いつもコメントしてくれる人だ~」と喜んでいると、「いてっ」とクラス一番の不良(っぽい見た目)の三田くんにぶつかってしまいます。

「すみませ…」と謝ろうとすると、おもむろに「お前、ほいっぷちゃんなの?」と聞かれ、「…え?」「それ」と差されてスマホにログインしているところがバレてました。三田くんに「ほいっぷちゃんなんだろ」と圧をかけられ、思わず「ちっ違います!」と否定した中野くんですが……。

「とりあえず校舎裏来い」とお約束(?)の展開に「怖ぇぇ…」となる中島くんをよそに、「この辺でいいか。財布出せよ」という三田くん。カツアゲされるかと考えて「きっと皆にバラされちゃう」と素直に長財布を差し出しますが……。

「こっ、こ、これっ、スパチャです!」と万札を出す三田くん。「登録者数い、いっ、一万人おめでっとうっ!」と真っ赤になってお祝い……。「三田くん…?」と中島くんに呼ばれて「ちょっ、やばっ、ほいっぷちゃんに名前呼ばれっ、えっ認知されてっ、やばっしんど…」と感動に身を震わせていました。お金は返したところ、後日「おめでとうございます~!押忍!」と赤スパチャされてしまったのでした。

このマンガについて「推しという文化がとても好きで、スパチャに対してもすごいシステムだなと思っていました。推しに直接お布施できたら…という思いをそのまま形にした感じです(笑)」と語る十久さん。自身がよく観るVTuberについて聞いたところ、にじさんじ所属の花畑チャイカさん(@ZulmIhP1nlMOT5y)と剣持刀也さん(@rei_Toya_re)に加えて、「最近は格闘ゲームなどのキャスターをされているなないさん(@nanai1025)がバ美肉した七井ナナミちゃんの配信がすごく可愛くてよく見ています」と話します。

「中の人が男でも推し続ける漢の中の漢!」「赤チャ優しい」と三田くんへの感想が集まっていたこのマンガ。十久さんは「何かを追ってる人を描くのが好きなので、スパチャで愛を表すことに共感して笑って頂けたのはとても嬉しいです」といいます。

「続きが気になる」という声も上がっていたVtuberの中身と不良(?)のマンガ。「推しがテーマのマンガばかり描いているのですが、それを楽しみにしてくださる読者の方も多く、とても嬉しいです。NOTリア恋のオタクの夢を叶えるマンガをたくさん描いていければと思うので、ぜひ楽しんでいただければと思います」という十久さんの活動にも期待したいところです。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/talkkana [リンク]

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「最高じゃん」「これは本物だ!」 美少女VTuber活動している地味男子がクラスの不良にバレるマンガに「漢の中の漢」の声