1月7日、新型コロナウイルスの感染拡大により首都圏の1都3県に緊急事態宣言が発令された。東京オリンピック組織委員会の森喜朗会長は、開催について「不安は全くない」と7日に語ったとのこと。

1月9日朝、タレントのデーブ・スペクターさんはTwitterにて

【速報】東京五輪組織委は、史上初となる無選手での実施を検討へ。森会長は「選手がいなくても開催されることに、不安はない」と表明。

とツイートを行った。
普段はダジャレをはじめとしたクールなギャグで知られるデーブさんのキレのあるツイート。反響を呼び多くのリツイートや「いいね」を集めていた。
かと思うと、その4時間ほど後の正午ごろには

飲食店への補助は、それぞれのお店の売り上げによって比率を決めるべき。一律6万円だと、年に2190万円。都市部だと足りない。でも、ローカルならお釣りがくるお店もある。徴税は資本主義なのに、補助は共産主義。こういう節操のなさが、信頼をなくすのだとおもいます。すみません、オチはありません。

と、オチのない真面目なツイートを行う。こちらも反響を呼び、先のギャグツイートよりも多くの「いいね」を集めていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「デーブ・スペクターさん「東京五輪組織委は、史上初となる無選手での実施を検討へ」ツイートに反響