新型コロナウイルスの感染拡大により、1月7日に緊急事態宣言が発出される見通しとなっている。
1月5日朝、立憲民主党の小沢一郎衆議院議員はTwitterにて

社会的検査を忌避して、ついに年を越してしまった。国民一斉検査で、陽性患者、陽性無症状者、陰性者を明確にし、陽性者は必要に応じた隔離を行い、残る陰性者で経済を回す。膨大な予算を確保しておいて、なぜそれができないのか。こんなことでは、緊急事態宣言は今後も繰り返され、全てがだめになる。

とツイートを行った。
かつては「豪腕」「壊し屋」などと呼ばれ政界再編の仕掛け人となってきた、現在御年78歳の小沢議員。さながら数ヶ月前にタイムスリップでもしたような、「今更それ?」といった内容のツイートは反響を呼ぶ。

「ほんとに本人が言ってるんですかね。周回遅れも甚だしい」
「1日10万人検査できると仮定すると、1.3億人の検査に1300日、つまり約3.5年かかるんだけど、それをわかって言ってるのかな? 当然、こんな簡単な計算はできるよね?」
「何で全員を検査せよみたいな、どだい無理な主張になっちゃうんですかね。。昨日陰性でも次の日は陽性なのかもしれないのに」
「知識もないのに訳の分からんこと言わない方がいいよ」

といったような返信が寄せられ、まとめサイト等でも取り上げられていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「小沢一郎議員「国民一斉検査で、陽性患者、陽性無症状者、陰性者を明確に」「なぜそれができないのか」ツイートに反響