出川哲朗さんの「出川イングリッシュ」じゃありませんが、英語が母国語であろうとなかろうと、該当する英単語が思い出せなかった時にとっさに出て来た言葉がTwitter上で笑いを誘っています。


https://twitter.com/chemicollins/status/1236350747895308288

「彼氏の母国語はフランス語なんだけど、“フタ”を意味する英単語を忘れたので鍋を持ち上げて“これの帽子はどこ?”って聞いてきた」


https://twitter.com/SuckOnMyDICtion/status/1236678771790536708

「英語で“鶏肉(チキン)”と頼めなかったので、卵を指差して“母親どこ?”というツイートのようなもの」


https://twitter.com/dreysayes/status/1236790102191255553

「スイス人の元カレは“子牛”という単語が思い出せなくて、“子犬の牛”と言ってたわ。今まで聞いた中で一番可愛らしい言葉」


https://twitter.com/PlasenciaMarian/status/1236794254393032704

「昔のルームメイトが中国人だったんだけど、ペーパータオルって単語を忘れたので“キッチントイレットペーパー”って言ってたわ。可愛いでしょ」


https://twitter.com/skep_anie/status/514917330074484737

「“たいまつ”って言葉が出てこなかったので、“火が付いた棒”でググったの。英語の学位2つ持ってるんですけどね」

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/dreysayes/status/1236790102191255553

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「出川イングリッシュ!? 該当する英単語が思い出せなかった時に出て来た言葉