熱湯を注いだ後にカップ焼きそばの要領で湯切りし、続いて冷水を入れて水を切ることで麺を冷やす“冷やしぶっかけカップ麺”が今年に入って続々と登場しています。

2019年に東洋水産が「マルちゃん 冷しぶっかけそば」を発売したことで注目を集めましたが、今年は「マルちゃん 冷しぶっかけうどん」も発売し、日清食品も「汁なしどん兵衛 冷しぶっかけうどん」を投入してきました。

今回はそんな“冷やしぶっかけカップ麺”に冷製コーンスープを追いぶっかけすると激ウマ化することが判明したのでご報告です。

実はこちらは先日取材に伺った麺屋武蔵とポッカのコラボ企画にインスパイアされて思いつきました。ポッカの冷製コーンポタージュを1本丸々使用した『冷製メーンポタージュ』がとてもおいしかったのですが、おいしいと感じると同時に「これを冷やしぶっかけカップ麺にかけてもウマくなるだろうな」と思ったわけです。

麺屋武蔵ではコーンポタージュをベースにさまざまな工夫を凝らして麺屋武蔵の色を出していましたが、難しいことは考えずに冷やしぶっかけカップ麺を作り(めんつゆも入れます)、キンキンに冷やした冷製コーンスープを追いぶっかけすればOK!

ちなみに今回は「マルちゃん 冷しぶっかけうどん」を使用していますが、ぶっかけそばでもどん兵衛の冷しぶっかけうどんでも問題なく作れます。

そしてコーンスープはポッカの冷製コーンポタージュを使用しましたが、こちらも紙パックのコーンスープや粉末を溶かして作るタイプのコーンスープを冷やして使っても大丈夫です。

豪快にコーンスープを1人前ぶっかけたら、あとは全体をよくかき混ぜて食べるだけ!

口にした瞬間にめんつゆとコーンスープの相性のよさに驚くこと間違いなし! メチャクチャウメェェェーーーーッ!! どちらも甘さとしょっぱさが共存しているので味がまったくもってケンカしないんですよね。

麺にどっぷりと絡みついてくる濃厚クリーミーな麺つゆという感覚で最高に美味しく食べられます。

しかも冷やしぶっかけカップ麺は全体的に具が少なめで物足りなさを感じがちなのですが、コーンの粒がその弱点を完璧に補ってくれます。食感の寂しさも食べごたえのなさも見事に解消!

また、キンキンに冷やしたコーンスープを追いぶっかけすることで麺がヒエヒエになるという効果もあります。冷やし系カップ麺をしっかり冷えた状態で作るのはなかなか手間がかかるのですが、これなら簡単です!

気になるけどいきなり全量をぶっかける度胸がないという人はコーンスープを別皿に入れてつけ麺方式で食べれば安心です。ぜひお試しを!

(執筆者: ノジーマ)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「冷製コーンスープを「マルちゃん 冷しぶっかけうどん」に追いぶっかけすると魂が震えるウマさ! 2020年夏の感動体験をあなたに