新型コロナウィルス陽性者が日々増加する中、7月30日に小池百合子東京都知事はアルコールを提供する飲食店などに対し営業時間の短縮を要請すると発表した。8月3日から31日まで、営業時間を朝5時から夜10時までとし、ステッカーを貼りガイドラインに沿って営業するお店に対して一律20万円の協力金を支給するとのことである。

翌31日、実業家の堀江貴文さんはYouTubeに


飲食店の営業時間短縮に反対する理由を説明します
https://www.youtube.com/watch?v=sQUjzwKv9Cg[リンク]
という動画を投稿した。
現在陽性者数が増えているのはPCR検査数を増やしているからであると語る堀江さん。
緊急事態宣言が解除されて飲食店の売上が再び上昇軌道にあったのに、夜10時以降営業するなと圧力をかけることは死刑宣告するようなもので、とんでもない話であると断ずる。店ではなくお客さんに圧力をかけており、緊急事態宣言のときはキャンセルが相次いで大変だったとして
「つぶす気なんでしょうね。飲食店なんて別に生き残らなくていいと思ってるんでしょうから」
と語る。
小池百合子都知事に対して「ふざけるな」「いい加減目をさませ」と厳しい言葉をぶつけ、また、マスコミは新型コロナウィルスの恐怖を煽れば視聴率をとれるから煽っているとも語る。そして
「このままだと経済マジで崩壊すると思います。いい加減目を覚まして、適切な感染症対策をして、普段どおりの生活に戻すべきだと思いますので、力をあわせてなんとかしましょう」
と結んでいた。

※画像は『YouTube』より

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「堀江貴文さん「ふざけるな!」「いい加減目をさませ」 飲食店に対し営業時間短縮を要請する小池百合子都知事に動画でメッセージを送る