13才のゴルファー、セバスチャン・ペル君が放ったミラクルショットに注目が集まっています。

この投稿をInstagramで見る Sebastian Pell Golf(@sebastianpellgolf)がシェアした投稿 – 2020年 7月月27日午前8時44分PDT


https://www.instagram.com/p/CDJqjPqFdaF/

プロを目指し、米バーモント州のラトランド・カントリー・クラブで練習するペル君。フェアウェイからグリーンをめがけてスイングしたところ、クラブがフェアウェイの芝生にグサリ。ゴルフボールの下を叩こうとしたのでしょうが、芝生の下を叩いてしまいました。


https://twitter.com/GOLF_com/status/1288112317213757451

この映像は、瞬く間にさまざまなゴルフ関連サイトやTwitterで拡散されてしまうこととなりました。

この映像を目にした世界各地のゴルファーたちからは、次のような声が集まっています。

・いいスイングしてるけどな
・結構パワー必要だよ、これ
・わざと!?
・これも1打としてカウントされるよね
・大人でも彼より下手くそはいくらでもいるし
・こういうショットを打ったラウンドの次にホールインワンが出たりするんだよ
・フォームはキレイだよ
・ゴルフボールから目を離しちゃダメだ
・手首痛めなかったかな
・最悪のベストショット

この投稿をInstagramで見る Sebastian Pell Golf(@sebastianpellgolf)がシェアした投稿 – 2020年 6月月1日午後9時09分PDT


https://www.instagram.com/p/CA6zORBlMlv/

普段はナイスショットを連発しているんですけどね。ちなみにペル君のハンディキャップは6.8だそうです。

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/CDJqjPqFdaF/

(執筆者: 6PAC)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「13才のゴルファーが放ったミラクルショットに注目が集まる 「こういうショットを打ったラウンドの次にホールインワンが出たりするんだよ」