yahoo

水溜りボンド 映画『貞子』出演 監督も絶賛

2019.05.23 07:00
Dessart
エンタメ
コメントする
『リング』シリーズの最新作『貞子』に、動画クリエイターの水溜りボンドが出演することが明らかになった。
清水尋也演じる動画クリエイターが、ある動画を動画配信サイトに投稿したことから貞子の呪いが拡散していく同作。本人役で出演している2人は、他のクリエイターが投稿した動画を再生中、異様なものが映り込んでいるのを発見。貞子の呪いが動画投稿サイトに蔓延している様子を目の当たりにする恐怖を熱演する。
見ると1週間後に呪い殺されるという「呪いのビデオ」の恐怖を描いた、中田秀夫監督による映画『リング』(98)。ビデオテープを介して呪いが拡散されていくという衝撃的な設定は日本中を震撼させ、長い黒髪に白いワンピースをまとい井戸やテレビから這い出る“貞子”の姿は「日本で最も有名な怨霊」として全世代に知れ渡る存在となった。
それから20年―、時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、常に日本のホラー映画界を牽引してきた『リング』シリーズ最新作『貞子』が、若手実力派女優として躍進著しい池田エライザをヒロインに迎え、中田秀夫監督率いる伝説のオリジナルチームの手で新たに映画化。さらに『リング』『リング 2』(99)に出演した佐藤仁美が、当時と同じ倉橋雅美役で出演し、現在と過去をつなぐ。映画は5月24日に全国公開となる。
発信地・日本
<文・デザート編集部>

関連記事

  • 池田エライザ、風疹によりイベント欠席 貞子が1人で乗り切る<貞子>
  • 池田エライザ、貞子と笑顔
  • ヒロイン・池田エライザ『リング』中田秀夫監督が描く『貞子』公開決定
  • 本田望結インタビュー 女優とフィギュアスケート”全力”で向き合う13歳の素顔
  • ニコニコ超会議2017でけものフレンズの声優に超質問してみた!
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間