香取慎吾、リリー・フランキーとのラジオの思い出を懐かしむ

香取慎吾が主演を務める映画『凪待ち』の完成報告会見が4月23日に都内で行われた。会見には香取のほか、恒松祐里、リリー・フランキー、吉澤健、白石和彌監督が出席した。
イベントでは、リリーが過去にラジオで構成作家を務めた際の香取との思い出を語る場面も。
リリーが「20年くらい前にラジオで、裏方としてお会いしてた香取さんにこうやって映画で接するのは恥ずかしい部分があって。『構成のリリーさんですよね』みたいな目があるんですよ」と話し始めると、香取は「ないです!ないですよ!」と即座に否定。さらにリリーは「ミニドラマみたいなのを草彅さんと一緒にやっていて、あれは台本を見て初見でやるんですけど、読みながら雰囲気を瞬時に察するからすごいなって思ってました。20年くらい経って、改めて香取慎吾という人の凄さを目の当たりにしましたね。こういう場だから言うんじゃなくて、本当に思っている」と香取を褒めちぎると、香取は「嬉しいです本当。リリーさんと共演できたのは本当に嬉しかったので、リリーさんがお芝居をやるようになって、リリーさんが出てる作品も観ていたので、いつか共演できたらなって思っていました」と、笑顔を見せた。
それを受けリリーは「本当に?」と照れたように笑いながら、「昔あんなくだらないコントの脚本を書いたりしてたのが申し訳ないなって思う」と、過去を懐かしんだ。
また香取は、劇中でのリリーとの共演シーンについて「お祭りのシーンでのリリーさんはもう、すがる思いでしたね。この人しか自分にはいないって思わしてくれる人ですね」と回顧。リリーも「あそこのアクションシーンは凄かったです。あれを成立させられる慎吾ちゃん、すごいなって思いました」と語った。
続けて、アクションについて香取が「本当に殴っちゃったらしょうがないって気持ちでやってました。当たんなくてNGが一番最悪なんで、本当にやってやろうって気持ちでしたね」と振り返ると、リリーは「まぁまぁ当たってたよね。看板の角とか当たってた」と笑いを誘った。
また、劇中での祭りシーンについて、白石監督は後悔していることがひとつだけあるとポツリ。その内容について「大きい氷を相手に向かって投げるっていう段取りがあったんですけど、大きいし滑るから全然投げれませんでしたよね」と打ち明けると、香取は「想定内でした。あんなの素手で持てるわけないから、想定内なので、投げたあとすぐ蹴ってます(笑)」と撮影裏のエピソードを披露した。
さらに「裏設定というか、僕はすごい力持ちっていう設定を監督が言っていました」と笑うと、リリーも「あんなの投げれたら違う映画だよね」と続けて、会場を笑わせていた。
発信地・日本
<文・デザート編集部>
関連記事
  • 稲垣吾郎・香取慎吾が声援 草なぎ剛とフィッシャーズ・ンダホが全力疾走
  • 稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾が約1万7500人の前で野外ライブ
  • 香取慎吾 久々の金髪ヘアーに「神色」絶賛の声
  • 元SMAP 稲垣・草なぎ・香取、公式ファンサイト&SNS開設「新しい地図」
  • 稲垣吾郎「地図を広げて高みを目指したい」 『Pen CREATOR AWORDS 2018』受賞
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...