3月2日の『マツコの知らない世界』(TBS系)では直近に撮影された、いわゆる「新撮」を放送。緊急事態宣言発令以来、これまで放送されたものを編集した「総集編」を放送していただけに、久しぶりの新撮放送に注目が集まっていた。

 今回のテーマは「サンリオキャラクターの世界」で、案内人として寺嶋由芙(29)が登場。アイドルとゆるキャラをつなぐ「ゆるドル」として活動する寺嶋は、5,000以上のサンリオキャラクターアイテムを集めている。そのなかでも、とりわけ売れないアイドルの自分の支えになってくれたという、ポムポムプリンを推していると告白。「小学生の頃、『ラブマシーン』を聞いてモーニング娘。に憧れ、アイドルになりたいと思っていた」という寺嶋に、かねてよりモー娘。ファンを公言しているマツコ・デラックス(48)は敏感に反応し、「あれに憧れてゴクミも入ってきたもんね」と頓珍漢な回答。ゴクミではなくゴマキの間違いであることを指摘されると慌てて、「しょうがないじゃない。私戦後27年目に生まれたんだから!子どもの頃、家の前の道路、砂利だったのよ!」と言い訳に必死だった。

 しかし、モー娘。好きという共通点もあってか、マツコと寺嶋の相性は悪くはない様子。かつてサンリオグランプリを獲得したものの、2位だったぐでたまのほうに人気が出てしまったというKIRIMIちゃん.が紹介されると、「平家みちよ(41)の悲哀っていうのがあってね。グランプリとったのに、落選したメンバーでつくられたモーニング娘。に抜かされたのよ」と、90年代に人気を博していたオーディション番組「ASAYAN」(テレビ東京系)の出演者を引き合いに出して憐れんでいた。

 モー娘。ファンとはいえ、いきなりマツコの口から“平家みちよ”が飛び出したことに、視聴者は敏感に反応。「KIRIMI.ちゃんと平家みちよな…わかるわ…」「ゴマキをゴクミと間違えたり、KIRIMIちゃんを平家みちよに例えたり、マツコ最高過ぎるだろ」「ぐでたまに抜かされたKIRIMIちゃん.をモーニング娘。に抜かされた平家みちよに例えるマツコさんわかりやすい例えです」などの声が上がっていた。

「ここ数回、総集編ばかりで飽きたという声も上がっていましたが、久しぶりの放送でもキレキレのマツコを見て、安心した視聴者が多かったようです」(芸能ライター)

 これまで心配されていたマツコの充血目も回復したようで、今後もしばらく番組は安泰といえそうだ。

情報提供元 : Daily News Online
記事名:「 マツコ、新録『知らない世界』の変わらぬキレに視聴者から安堵の声 」