歌手の工藤静香(50)が17日に自身のインスタグラムを更新して話題になっている。

 工藤といえば先日、「お仕事の帰りに2つ上の兄(お兄ちゃん)に会いに行ってきました。(略)ビックリするくらい、いやいやいや泣きました」と綴り、35年前に他界した兄の墓参りにいったことを報告したところ、「こんな事までインスタに載せなくても。自分で思っていれば良い事。」と疑問の声が寄せられてしまったばかり。

 そんな工藤はこの日、「車で渋滞中。落としたお水に気を取られ、ブレーキから足を離してしまい、前の車にぶつけてしまいました。」と接触事故を起こしたことを報告するとともに、「今回はどなたもお怪我はありませんでしたが、二度とこの様な事が無いように気をつけます」反省の弁を述べた。自ら報告することとなった今回の事故であるが、ネット上からは批判的な声が寄せられている。

「私はちゃんと対応しましたよ〜アピール感が否めないなあ」

「今回はどなたもお怪我はありませんでしたが、という文章、自分が事故を起こしてなんか違和感?」

「わざわざ事故した事をSNSにあげる気にもならないわ」

「事故をおこし相手に怪我がなかったとしてもインスタをいじくってるその神経がわからない」

 相手があることなので敢えてSNSにアップすることはなかったのではないか。また、「どなたもお怪我はありませんでした」という言葉を加害者側が発することに違和感があったようだ。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「工藤静香、接触事故の報告内容で大炎上「その神経がわからない」