yahoo

建築家と建てる住宅を取り扱う「FDM株式会社」 TV-CMを11月3日から大分県にて放送開始

2022.11.24 11:00
rss @Press
エンタメ
コメントする
FDM CM(1)
FDM CM(2)
新築注文住宅や分譲住宅の設計・施工、賃貸管理、マンション建設、リノベーション、ホテル企画など幅広い事業を展開しているFDM株式会社(本社:大分県大分市 代表取締役社長:高倉 潤 @juntakakura.fdm
https://www.instagram.com/juntakakura.fdm/ )は、この度、ブランディングパートナーであるB&H(
http://beeshoney.jp )と、制作会社のEXIT FILM(
https://exitfilm.jp/ )協力の元TV-CMを制作、11月3日から放送を開始いたしました。
画像1:
https://www.atpress.ne.jp/releases/335944/LL_img_335944_1.jpg
FDM CM(1)
【Concept】
Slow Architecture
FDMは建物が社会の中でどのように生きるかを考えて、時間をかけて育くむ建築(Slow Architecture)こそが、「永く続く器」になりうると考えています。ハードとは建物そのものであり、ソフトはそこに関わる人の暮らしや文化。永く続く建物はハードだけではなく、関わる人たちと共に、時間をかけてソフトを育てています。そして利用者が、自らの暮らしや文化に合わせて、ハードを変化させていくことで、その建物は「永く続く器」になると考えています。
今回のブランドムービー(TV-CM)では、この「Slow Architecture」という考え方を軸に、建築家目線でのメッセージが込められています。
画像2:
https://www.atpress.ne.jp/releases/335944/LL_img_335944_2.png
FDM CM(2)
【15s】
https://youtu.be/uEI0QZMnVOM
【30s】
https://youtu.be/puGs_eWq1VA
FDM株式会社】
Fundamentals for the public
住環境における本質の追求
私たちを取り巻く環境、働き方、価値観はかつてないスピードで変化し、住環境に求められるものも多様化しています。そのような中でも、変わらない本質的なもの(Fundamentals)が住環境にあり、その本質を備えたものこそが、将来へと残していける「永く続く器」になります。FDMは「永く続く器」を全ての人々と追求し、暮らし・文化・社会・地球をつくっていくハウジングサービス会社です。
(HP:
https://fdms.co.jp/ Instagram: @fdm_inc
https://www.instagram.com/fdm_inc/ )
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間