企業の将来にとって生命線となる「採用」と「育成」。コロナにより、そのオンライン化が急速に進みました。様々な課題がある中で、今後の「採用」「育成」はどのようになっていくのでしょうか。そこで今回は、採用の専門家である『オンライン採用 新時代と自社にフィットした人材の求め方』の著者・伊達洋駆と、育成の専門家である『対話型OJT 主体的に動ける部下を育てる知識とスキル』関根雅泰氏・林博之氏によるトークイベントの模様をお届けします。最終回の本記事では、「最高の採用」「最高の育成」とはなにか、面接で重要になる「構造化」について語られました。

全文を読む

情報提供元 : ログミー
記事名:「 早期離職の責任は、採用か?育成か? 水掛け論を防止するために決めておきたい「定義」のポイント