日本は、世界でもサイバー犯罪者に狙われやすい国であることが、調査によって明らかになっています。さらに近年では、攻撃者たちによるネットワークの広まりや、より高機能なマルウェア(悪意あるソフトウェア)などの開発が進んでいます。日本国内でも実施率約6割と言われるテレワークが、新たな「セキュリティの死角」となっている現状と、経営者・管理者に向けた対応策について、キヤノンマーケティングジャパン株式会社の植松氏が解説しました。

全文を読む

情報提供元 : ログミー
記事名:「 サイバー犯罪者による、あからさまな「日本狙い」 経営者・管理者に求められる、犯罪プロ集団への対応策